マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【後場の寄り付き概況】後場の日経平均は281円安でスタート、オリンパスやHOYAが下落

2022年1月13日 12:55

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;28484.42;-281.24TOPIX;2005.51;-13.85

[後場寄り付き概況]
 後場の日経平均は前日比281.24円安の28484.42円と、前引けから下げ幅を広げてスタート。ランチタイム中の225先物は28470~28530円のレンジで軟調もみ合い。ドル・円は1ドル=114.50~60円前後と朝方から10銭ほど円高水準での動き。アジア市況では上海総合指数が朝高後に失速して軟調に推移しており、香港ハンセン指数も朝高後は失速し前日終値近辺まで上げ幅を縮めている。米長期金利の上昇は一服したものの先高懸念がくすぶるなか、前日買い戻されたグロース(成長)株は再び売り優勢。本日大引け後に決算発表を控えるファーストリテ<9983>が警戒感から売られていることもあり、日経平均は軟調に推移。後場は心理的な節目の28500円を割り込んでスタートしている。その後は同水準を挟んだもみ合いとなっている。

 セクター別では精密機器、サービス業、小売業などが下落率上位に並んでいる一方、鉄鋼、非鉄金属、パルプ・紙などが上昇率上位に並んでいる。東証1部の売買代金上位では、オリンパス<7733>、リクルートHD<6098>、HOYA<7741>、キーエンス<6861>、ファーストリテ、レーザーテック<6920>などの下落が目立っており、ソフトバンクG<9984>、川崎汽船<9107>、東エレク<8035>、ソニーG<6758>、任天堂<7974>なども軟調。一方、トヨタ自<7203>、日本製鉄<5401>、JFE<5411>、三菱商事<8058>、住友鉱
<5713>などが高い。

<CS>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。