マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】アルファ Research Memo(2):車載用・住宅用電子キーシステム、コインロッカー等の総合ロックメーカー

2022年1月13日 15:02

■事業概要

アルファ<3434>の事業セグメントは、自動車部品事業とセキュリティ機器事業からなる。自動車部品事業では、クルマにとって必要不可欠なキーセットとドアハンドルなどの設計・開発・製造を行っており、日本・北米・アジア・欧州にセグメント分けされている。セキュリティ機器事業は、住宅用電子キーシステムを扱う住設機器部門とロッカーシステム部門の2つの製品群があり、日本と海外にセグメント分けされている。2021年3月期の売上構成比は自動車部品事業80.8%、セキュリティ機器事業19.2%と自動車部品事業が高い比率を占めるが、営業利益(調整費除く)では自動車部品事業27.1%、セキュリティ機器事業が72.9%となっており、収益額・収益性での両面でセキュリティ機器事業が貢献している。

1. 自動車部品事業
同社の自動車部品事業では、クルマにとって必要不可欠なキーセットとドアハンドルを手掛けている。2021年3月期の売上高は38,488百万円、営業利益は424百万円、製品売上構成はドアハンドル52%、キーセット35%、その他13%となっている。主要取引先は日産自動車<7201>グループ、VW(Volkswagen AG)グループ、本田技研工業<7267>グループ、いすゞ自動車<7202>グループ、Ford、三菱自動車<7211>グループ等であるが、特に日産自動車グループとの取引が多く、2021年3月期の自動車部品事業の売上高の47.6%を占める。また2016年ASSA ABLOY ABからのカーアクセス・セキュリティ事業取得に伴いVW向けが第2位の納入先となっており、同17.7%を占める。地域別ではアジア、欧米の寄与が大きい一方、日本は売上高の14.1%を占めるにとどまることに加え、利益面では損失を計上している。

2. セキュリティ機器事業
セキュリティ機器事業のうち、住設機器部門では電気錠や宅配ボックス、産業用ロックなど、ロッカーシステム部門では各種コインロッカーを手掛けている。2021年3月期の売上高は9,123百万円、営業利益は1,142百万円、売上構成比は住設機器部門80%、ロッカーシステム部門20%となっている。このうち、住設機器部門は住宅(特に戸建て)向け電気錠が全体の71%を占める。また、ロッカーシステム部門はターミナルロッカーが31%、ゴルフ場などのレジャーロッカーが22%となる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 岡本 弘)

<YM>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。