マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【マザーズ市況】マザーズ指数は4日ぶり大幅反落、中小型グロース株に再び逆風

2022年1月13日 16:22

 本日のマザーズ市場では、主力IT株を中心に軟調な展開を強いられ、マザーズ指数は大きく下落した。前日の米国市場では、昨年12月の消費者物価指数(CPI)の発表直後こそ長期金利の低下とともにハイテク株が買われた。しかし、連銀総裁らのタカ派的な発言を受けて長期金利が上昇に転じ、ハイテク株も伸び悩み。本日の東京市場ではこうした流れから再びグロース(成長)株に売りが出た。特に中小型株の軟調ぶりが目立ち、マザーズにとって逆風となった。なお、マザーズ指数は4日ぶり大幅反落、
終値では3%を超える下落となった。売買代金は概算で1208.82億円。騰落数は、値上がり85銘柄、値下がり317銘柄、変わらず16銘柄となった。
 個別では、メルカリ<4385>、フリー<4478>、ビジョナル<4194>といった時価総額上位が軒並み軟調。売買代金上位では日本電解<5759>やFRONTEO<2158>が売り優勢となった。また、昨年12月に上場したばかりのサスメド<4263>やエクサウィザーズ<
4259>、決算発表のワンプラ<4199>などが下落率上位に顔を出した。一方、エフ・コード<9211>やサイエンスアーツ<4412>が堅調で、GEI<9212>やアスタリスク<6522>は10%超の上昇。ロードスター<3482>は自社株買い、スローガン<9253>は業績上方修正を好感した買いが入った。また、アーキテクツSJ<6085>が上昇率トップとなった。

<HK>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。