マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】カイオム Research Memo(6):導出活動と同時に初期臨床試験段階までの開発を行い、パイプラインの価値を高める

2016年9月30日 15:40

■開発パイプラインの今後のスケジュール

現在、カイオム・バイオサイエンス<4583>の開発パイプラインとしては、「LIV-1205」「LIV-2008/LIV-2008b」「抗セマフォリン3A抗体」などがあり、いずれも前臨床試験段階にあるほか、基礎・探索研究段階の新規開発プロジェクトも複数ある。同社ではこれらパイプラインの導出活動を進めているが、現時点ではADCT社にADC開発用途でのオプションライセンス契約の実績のみにとどまっている。このため今後は導出活動を行っていくと同時に、自社で初期臨床試験段階までの開発を行い、パイプラインの価値を高めることで導出につなげていく戦略を打ち出している。資金的な制約もあるため、まずは「LIV-1205」の初期臨床開発から進めていく予定となっている。各パイプラインの開発状況は以下のとおり。

(1)「LIV-1205」
「LIV-1205」は、肝臓がん等の難治性がんを標的としたファースト・イン・クラスの治療用抗体候補で、がん細胞に発現するDLK-1と呼ばれる細胞膜タンパク質と結合することで、がん細胞の増殖活性を阻害する薬効が動物実験にて確認されている。DLK-1は正常な細胞ではほとんど発現しないため副作用も少ないと期待している。また、幹細胞や前駆細胞のような未熟な細胞の増殖・分化も制御すると考えられている。

同社では肝臓がんを対象疾患とした開発を進めていく予定としている。肝臓がん患者のうち、DLK-1が発現する患者は全体の約2割と見られており、DLK-1を発現している患者を対象に臨床試験を進め、成功確率を高めていく戦略だ。今後、KOLと相談しながらCRO(治験業務受託企業)の選定作業を進め、2018年半ばまでにCMC開発※を終えて、2018年内の臨床第1相試験開始を目指している。

※Chemistry(化学)、 Manufacturing(製造)、and Control(管理)の略で、医療の原薬、製剤の研究、開発、製造、品質管理等の開発のことを指す。

また、ADCT社でも現在ADC開発用途での抗体の評価を進めている段階にあり、2017年前半にも今後の開発方針が決まるものと思われる。本契約に移行すれば、同様に2018年頃から臨床試験が開始される可能性がある。

(2) LIV-2008/LIV-2008b
「LIV-2008」は多くの固形がんを標的としたベストインクラスの治療用抗体候補となる。乳がんや肺がん等の固形がんに多く発現するTROP-2と呼ばれる細胞膜タンパク質と結合することで、がん細胞の増殖活性を阻害する働きを示す。異なるエピトープ※を認識する2つの開発候補品(LIV-2008、LIV-2008b)がある。TROP-2は、様々な固形がんで発現が増強することが確認されており、がん治療のターゲットとして注目されている分子で、「LIV-2008」は単独でも動物実験において、複数のがん種に対し、顕著な腫瘍増殖阻害効果を示すことが確認されている。また、「LIV-2008b」は、標的分子であるTROP-2に結合した後でがん細胞内に取り込まれるインターナリゼーション活性を有しているため、ADC抗体としての開発も期待されており、2016年3月にADCT社とADC開発用途での開発オプションライセンス契約を締結している。現在、ADCT社で抗体の評価を行っており、2018年前半頃までに評価を終え、開発方針を決定するものと思われる。また、「LIV-2008」については同社でnaked抗体での導出活動を行っているほか、今後は初期臨床に向けた準備も進めていく予定となっている。

※抗体は抗原の特定の構造を認識して結合するが、その構造の一部分のこと。

(3)抗セマフォリン3A抗体
抗セマフォリン3A抗体については、適応領域として目指していた「敗血症等により誘導される播種性血管内凝固症候群(DIC)モデル」等での薬効試験において期待していた追加データの取得が困難となったため、新たな適応領域での導出活動を進めている。共同研究先である横浜市立大学大学院の中村史雄(なかむらふみお)准教授、五嶋良雄(ごしまよしお)教授らの研究グループが、英国科学雑誌「Nature Communications」(2014年10月31日オンライン版)に掲載した論文によると、アルツハイマー病や中枢神経系の再生領域において、新たな治療法の開発につながるセマフォリン3Aの作用メカニズムを解明したとしており、今後こうした領域での治療薬の開発が期待される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<TN>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。