マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】RIZAPーG Research Memo(6):顧客満足度向上がより強固なストック型収益モデルを生み出す

2016年9月30日 16:33

■RIZAP事業の状況

(4) RIZAP事業のポジティブ・スパイラル

前述したRIZAPグループ<2928>が取り組む2つの施策はつながっている。RIZAPの事業モデルをフロー型からストック型へと転換するためには、顧客満足度向上が不可欠なことは前述のとおりだ。顧客満足度はリピート率/残存率を向上させるとともに、「友人にも紹介したい」という欲求をも高めて、それが紹介による入会者増へとつながっていく。そこで新規に入会した会員に対しても同様に高い顧客満足度を提供することで、次の紹介入会者へとつながっていくことになる。今現在の同社はこのポジティブ・スパイラル(正の循環)を確立し、収益拡大が加速するステージに入った、というのが弊社の理解だ。

上図は、今RIZAPに起こっているポジティブ・スパイラルのうちの1つの因果関係を説明したに過ぎない。RIZAPにおいては、例えば、「従業員満足度向上策⇒顧客満足度向上⇒入会者増・収益拡大⇒従業員へのインセンティブ増加」というようなポジティブ・スパイラルも起こっていることは、同社を理解する上で重要なポイントだと考えている。

プログラムの面でもライフサポート・プログラム等の新設の結果、ポジティブ・スパイラルが効いている。「スタンダードコース⇒ライフサポート・プログラム⇒顧客満足度向上⇒新規会員⇒スタンダードコース⇒・・・」という流れだ。具体的に言うと、従来は、「Aさん⇒Bさん⇒Cさん⇒・・・」と順繰りに客が変遷していった。しかし現在のRIZAPは、上図のスパイラルが1周するたびに、顧客がどんどん厚みを増していく状況だ。顧客の厚みは収益の厚みへとつながり、同社が目指すストック型収益モデルがより強固なものへとなっていくことが期待される。

ポジティブ・スパイラルという点でもう1つ見逃せないのは、“RIZAP”ブランドのブランド力が向上していることだ。RIZAPのコマーシャルは、2015年のCM好感度ランキングで第3位にランクインした。このことからRIZAPの知名度・認知度は非常に高くなっていると判断できる。この認知度と顧客満足度が高次元で結び付いていることで、RIZAPブランドが商品販売において、明確なブランド力を発揮している。具体例としては、同社が手掛ける美顔器でRIZAPとのタイアップの有無でテストマーケティングしたところ、タイアップ有りが無しに比べて1.5倍の売上を記録したというデータがある。同社は今後、RIZAPのブランド価値を毀損することのないよう注意しながら、社内外の様々な商品・サービスとのコラボレーションを図ってシナジーを追求していく方針だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

<HN>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。