マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国・四川省の成都双流空港、ボディスキャナーにX線!? 被ばくへの注意を

2016年10月2日 13:46

四川省の成都双流空港の保安検査場で、ボディスキャナーにX線が使われていることが分かった。機械の目立つ場所には、被ばくへの注意を呼びかける表示はない。南方医科大学の馬建華教授は「これらの設備は成都以外でも使われている。放射線量は最低でも影響は累積する」と警告した。南方都市報が29日伝えた。

広東省広州市に住むある女性は、インターネット上の書き込みでX線検査機を通過したことを知った。成都双流空港のボディスキャナーは広州のものと異なり、乗客は約2メートルのベルトコンベアに立たされ、検査機の前まで次々に運ばれるという。女性は「もし妊娠していたとしたら、胎児に影響がある。空港ははっきり知らせるべきだ」と語った。

問題のボディスキャナーは、保安検査設備メーカーの安徽啓路達光電科技公司(本社・安徽省合肥市)が製造した「神槍」シリーズの一つ。同社は検査機にX線技術が使われていることを認めながらも、放射線量は0.05~0.2マイクロシーベルトにとどまり、世界で最も厳しい米国の基準を下回ると説明している。

「神槍」シリーズのボディスキャナーは、成都双流空港のほか、成都駅、重慶駅、昆明駅(雲南省)、河南省高級人民法院、広東省高級人民法院などでも使われているという。

【亜州IR】

<TM>

fisco

FX・株に挑戦したい人必見! 初心者向き記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。