マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【Miniトピック】デフレが続く限り日銀の錬金術は有効というパラドックス

2016年10月3日 8:03

 8月の消費者物価指数(生鮮食品を除く)は、6カ月連続のマイナスとなり、前年同月比0.5%下落の99.6だった。 日銀は大規模な金融緩和を続けているが、またしてもデフレ傾向が強まっている。
 日銀は年間80兆円という凄まじい勢いで国債買い入れを続けており、日銀が保有する国債の残高は400兆円超、国債全体に占める日銀保有の割合は36%超と過去最高を更新している。このまま行くと2018年には50%を超すとみられている。
 日銀がこれほどまでに金融緩和を続けているのに、デフレが進んでしまうのは、人々が景気の先行きや将来に自信が持てず、不安があることから節約して消費を抑え、貯蓄に努めているためだ。
 しかし、このような状況で奇妙な事態が起こっている。日銀は市場から買い付けているとはいえ、国→金融機関→日銀と右から左(この文では左から右)に国債が吸収されており、実質的には日銀の国債引受が実施されているといってよい。中央銀行の国債の引受(直接)自体は法で禁止されている。それは教科書的には、中央銀行が国債を引き受けると、いくらでも通貨を発行することができ、結果として通貨の信用が失われハイパーインフレを引き起こすとされているからだ(輪転機を無限に回して紙幣を刷るようなものと表現される)。
 しかし現在の状況は、景気減速懸念が高まるほど日銀は緩和すると同時に、国民は物より現金に重きを起き、「円」の価値が高まるという状況となっている。世界的な景気減速懸念やブリグジットショック等の懸念もあり国際的にも「円」が買われるという状況にもなっている。リスク回避の際には米ドルよりも円が買われる。不思議なことに日本円に対する内外の信用は高まる一方である(日本の個人金融資産が約1600兆円あり国債の最終的な担保になっているとか、対外資産が世界一等ということが要因と説明されることもある)。
 つまり日銀がどれほど緩和しようと、ハイパーインフレなどには到底なりそうもない状況といえる。
 そして、日銀が保有する国債は順次償還されて行き消滅する。本当は、日銀は形式的には国から独立した機関とされているが、形式的にそうしているだけであって本来的には国の機関である(実際にも国は日銀の持ち分の過半数を保有しており、いわば国の子会社である)。従って、日銀が国債を買い入れると、民法の混同の法理(債権債務が同一主体に帰属すると当該債権債務は消滅する)によってその瞬間国債の債権債務は消滅しているのである。親会社が子会社に対し1億円の債務があり、子会社が親会社に対し1億円の債権を持つことをイメージしてもよい。
 政府は大量に国債を発行して借金できるが、日銀が国債を買ったとたん実はその借金は煙のように消えているのである。現時点で既に国債による借金の三分の二は消えているといえる。これを錬金術といわずしてなんと言うのだろう。
 ともあれ、デフレが続く限り日銀の錬金術は有効であり、このまま物価目標2%に達しないまま永遠の金融緩和が続くほうが実は国にとっては都合がいいかもしれない。

<YU>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 年間利回り10%以上も可能 海外銘柄で配当投資を始める方法
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。