マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】銀行の鈍さを警戒、材料性のある銘柄に短期資金が向かいやすい【クロージング】

2016年10月3日 16:03

3日の日経平均は反発。148.83円高の16598.67円(出来高概算14億9000万株)で取引を終えた。ドイツ銀行を巡る欧州金融不安が和らいだことにより、買い先行の展開となった。しかし、前場半ばに16652円まで上げ幅を広げた後はこう着。期待されていた銀行のリバウンドの鈍さなども手掛けづらくさせていたほか、午後に入りソフトバンクグ<9984>が下げに転じた影響もあったと考えられる。日銀短観では大企業の製造業の景気判断は、プラス6ポイントと、2期連続で横ばいとなるなか、市場の反応は限定的だった。

東証1部の騰落銘柄は値上がり数が全体の6割を占めていた。規模別指数は大型、中型、小型株指数いずれも上昇しているが、大型株指数の伸びは鈍い。セクターでは証券、精密、小売、食料品、金属、化学、海運、非鉄金属がしっかり。一方で鉱業、石油石炭、その他金融、不動産、保険が冴えない。

日経平均はマドを空けての上昇となり、一目均衡表の雲上限を上回って推移するなど、上値は抑えられていたが底堅い相場展開だった。ただし、ドイツ銀行の金融リスクが和らぐ中でのメガバンクの戻りの鈍さは気掛かりである。また、ソフトバンクグ<9984>の後場に入ってからの弱い動き等も神経質にさせそうである。

物色としては小売決算を手掛かりとした個別対応のほか、中国・国慶節、カジノ、フィンテック、ノーベル賞のほか、シーテック・ジャパンを手掛かりとしたAIやIoT関連等テーマ株などの材料性のある銘柄に短期資金が向かいやすいとみられる。

<AK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。