マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】イオンの決算速報は好印象も価格競争の懸念も再燃!? SMBC日興証券(花田浩菜)

2016年10月6日 12:07

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

10/5、イオン<8267>が17/2期上期の決算を発表しました。

SMBC日興証券のレポートによると『営業収益4兆1118億円(前年同期比0.9%増)、営業利益724億円(0.1%増)、経常利益732億円(0.4%増)、純損失54億円(前年同期は21億円の黒字)』で、同社からは『通期会社計画に沿った進捗とコメント』があったとのことです。

SMBC日興証券では今回の発表を『懸念であるダイエーからの移管店舗やイオンリテールの業績が持ち直したほか、食品スーパー子会社は増益率が拡大しており、好印象』と評価しています。

しかし一方で、『岡崎双一イオンリテール社長が「コモディティ商品の猛烈な売価訴求」に言及した点に注意したい』と指摘。SMBC日興証券としては『実際に価格競争が激化する可能性は低いとみている』ものの、『株式市場が同社や小売りセクター対して懸念を強める可能性がある』とも伝えています。

よろしければ10/6付けの「Opening Bell」を見てみてくださいね。

また、面白いレポートを発見したらご紹介します。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

<FA>

fisco

FX・株に挑戦したい人必見! 初心者向き記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。