マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】オプティム Research Memo(4):IT資産管理市場で国内シェアNo.1、「Cloud IoT OS」を発表

2016年10月6日 16:15

■オプティム<3694>の会社概要

(3) IoTプラットフォームサービス

2012年に1人1台だったインターネットにつながる端末は、2020年には1人150台になると予測されている。企業のIT資産を管理する部門の立場からすれば、端末の数が増えると作業が増えるとともにリスクも増える。同社の主力サービスである「Optimal Biz」は企業向けのスマートフォン・タブレット・パソコン・IT機器などのセキュリティ対策や一括設定の分野で必要不可欠なサービスとなっている。IT資産管理・MDM ( Mobile Device Management)市場で4年連続No.1であり、2014年の44.5%と圧倒的なシェアを獲得している。個人向けスマートフォンの出荷台数の増加比率は減少傾向となっているが、法人向けスマートフォンの市場においては従業員配布率が2016年の7.9%から2019年には15.9%(出典:MM総研 法人ユーザーにおける携帯電話/スマートデバイスの導入配布状況・ニーズに関する調査(2015年度版)より)に増加することが見込まれており、法人向けのビジネスであるMDMの市場も3年後までは順調に拡大していくもとの思われる。また、文教分野においてApple社の教育ICT向けサービス「AppleSchool Manager」に対応するなど、Apple社との連携を深めている。その他、導入事例としては、長谷工コーポレーション<1808>がiPadを使用したペーパレス会議や顧客情報登録の短縮化を行った例や、ANAホールディングス<9202>が空港内スタッフの連絡デバイス管理に活用した例がある。

スマートフォン・タブレットの業務利用は拡がりを見せているが、まだまだ電話・メールの範囲で利用しているケースが多く見られる。業務効率を高めるためには、より積極的にスマートフォン・タブレットを利用する必要がある。当社では、圧倒的なシェアを誇る顧客基盤を活用し、法人向けモバイルアプリを販売するプラットフォーム「Optim Store」の展開を行い、業務効率を高めるビジネスアプリの提供を開始し、顧客単価をあげることにも取り組んでいる。

そして最近では、管理の対象はパソコン・モバイル・オフィスのIT機器だけではなく、ネットワークカメラや各種センサー、ウェアラブル端末やドローンなどに広がりを見せており、そこから得られるビッグデータをAI技術などで解析することを一連の流れで行う時代が来ている。同社では、2016年3月に「OPTiM Cloud IoT OS」を発表し、IoT時代の基盤となるソフトウェアを順次提供する予定だ。既存のCloudサービス上で動作が可能であり、IoTサービスで必須となる様々な機能は標準装備されており、画像解析やAIの機能が充実している点もポイントである。

Cloud IoT OSは既に様々な領域で活用が予定されている。例えば、鉄道関連では、無人駅監視や遠隔作業支援などが有望である。店舗管理関連では防犯はもちろんのこと、顧客属性管理をAIで行い、マーケティングに生かすことが考えられる。公共・インフラ関連では、トンネル異常検知や設備遠隔監視などに活用できる。良質なOSを提供することで、様々なIoTのソフトウェア・サービスを“作る”時代から“使う”時代にリードしたい考えだ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

<HN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。