マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ケネディクス—Kenedix Asia Pte. Ltd.によるタイ不動産開発会社の一部株式取得

2016年10月7日 7:42

ケネディクス<4321>は5日、同社のシンガポール子会社であるKenedix Asiaが、タイの上場持株会社であるAIRA Capital Public Company Limited傘下の不動産開発会社であるAIRA Property Public Company Limitedの株式20%をAIRA Capitalより取得する契約を締結したと発表。

同社は、中期経営計画「Partners in Growth 2017」における重点施策の一つとして、海外投資家の開拓や海外不動産投資等、海外展開の推進を掲げている。アジア地域での事業拡大を図るべく、2015年5月にシンガポール現地法人Kenedix Asiaを設立。Kenedix Asiaは、昨年12月にはベトナムの首都ハノイに所在するオフィスとサービス・アパートメントからなる9階建ての複合ビルに投資を行っていた。

今般、Kenedix Asiaにおける海外投資第2号案件として、新たにタイにおける事業拡大及び投資収益獲得を図るべくAIRA Propertyの株式を取得する。AIRA Propertyは現在、バンコク中心地においてオフィスビルの開発を行っているが、将来的には開発及び投資した不動産ポートフォリオを活用してタイにおける上場不動産投資信託(REIT)組成・運用も視野に入れている。同社グループが有するREITの組成・運用ノウハウと、AIRA Capitalが有するタイ及び金融分野における知見やネットワークを、AIRA Propertyにおいて融合させることで、タイにおける事業展開を加速していく狙い。

<TN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ナンピンは悪手じゃない! 月5万円着実に稼ぐ話題のFXトレーダー
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。