マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】米国株式市場見通し:FOMC議事録が発表予定

2016年10月8日 14:50

10日(月)はコロンバスデーで、一部金融機関などが休業となるものの、株式市場は通常取引となる。先週発表された9月雇用統計は予想を下振れたものの、FF金利の先物取引から算出される利上げ確率は11月が15%、12月が65%、16年2月が68%(7日時点)となっており、12月の利上げ実施が有力との見方に変化はない。12日には9月20・21日開催分のFOMC議事録が公開されるが、年内の利上げを支持する連銀関係者が増加するなか、どのような議論が行われたのかが焦点となる。14日にはイエレン議長が講演予定で、雇用統計の内容評価に言及するかが注目される。

11日に予定されているアルミニウム大手のアルコアから7-9月期決算発表シーズンに入る。航空大手のデルタ航空(13日)、大手行のJPモルガン・チェース(14日)、ウェルズ・ファーゴ(14日)、シティグループ(14日)などが予定されている。アルコアは先日3対1の株式併合を実施したほか、来月にはアルミニウムの精錬部門のスピンオフを計画しており、分離前の最後の決算となるため注目を集めそうだ。ウェルズ・ファーゴは不正口座開設の不祥事を受けて、損害賠償や顧客離れなど業績への影響が予想される。また、決算発表シーズンに入ることで主要企業の足元の業績や見通しに注目が集まるため、株価収益率(PER)などで割安感のある銘柄の株価水準が見直されるだろう。

経済指標では、9月輸入物価指数(13日)、9月小売売上高(14日)、9月生産者物価指数(PPI)(14日)などの発表が予定されている。12日には中国の9月貿易収支も発表される。輸入物価指数は8月分が予想を下振れ6ヶ月ぶりの低水準となったことで、慎重な見方が広がっている。同指数は利上げ判断において重要な指標となるインフレ率に影響を与えるため、注目したい。

9日に2回目となる大統領選両候補の討論会が行われる。先月26日に行われた1回目の討論会では、民主党のヒラリー候補が優勢との見方が多く、政治の先行き不透明感が後退したとの安心感から翌日に株価が上昇した。しかし、今月4日に行われた副大統領候補の討論会では共和党候補のペンス氏が支持を集めており、不確実性が高まっている。討論会の結果は週明けの株価に影響を与える可能性が高く注意が必要だ。

(Horiko Capital Management LLC)

<FA>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。