マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家有限亭玉介:中間決算と言語インフラに関する銘柄群

2016年10月8日 18:22


以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2016年10月03日12時に執筆

株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず』」を執筆しております、有限亭玉介と申します。

この度は『言語インフラ』のテーマを中心に、それぞれ中間決算を絡めた銘柄についての読み物を寄稿させて頂きます。

さて、TPPに焦点が絞られる臨時国会・築地の豊洲移転問題が各種メディアで表面化する都議会の最中ではありますが、あたくしは今後のカジノ、東京オリンピックに関して注目しております。

その背景としてどちらも共通しているのが、外国人旅行者に対しての「言語インフラ」の整備が当面の課題であることだと言えます。

島国ニッポン…小中高の12年間を費やしても英語は堪能にはなれません…嘆かわしい事ですねぇ。

まぁ、そんな話はさておき、今夏8月17日、日本政府観光局(JNTO)は「訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業費補助金」の二次募集の開始を発表しました。

いわゆる外国人観光案内所の整備に関する補助金ですね。

その対象とは案内所スタッフの常駐に向けた内容もありますが、ここでお話したいのが、その人員に代わる案内標識やデジタルサイネージ、ホームページ、案内放送などの多言語表記に関わる設備についてです。

これまで多くの企業が翻訳に関するモノ、製品開発に乗り出していますが、中でもあたくしは以下の企業に、目先の中間決算も合わせて注目しています。


■ロゼッタ<6182>

昨年11月のIPOでマザーズ市場を賑わせた企業。産業翻訳のトップ企業でもある翻訳センター<2483>と、その大企業に対して新規事業を支援するドリームインキュベータ<4310>が株主である事も注目です。人工知能(AI)関連の銘柄としても、AI型自動翻訳機「熟考」など、自社開発した翻訳ソフトのシェア拡大で直近の業績も好調。(例えばそれを案内所のデジタルサイネージ(液晶案内板)へと採用となれば…イメージしやすいかと)

また、バイリンガルな人材のクラウドソーシングサイト「Conyac(コニャック)」も運営。人・モノどちらにしても期待値は高いでしょうねぇ。中間決算は10/13を予定。17年2月期1Q決算の経常益は45.9%増益で、上期の計画に対する進ちょく率は71.0%と良好。中間決算で大幅に上回るようであれば、上方修正も出るかもしれませんねぇ。


■ローツェ<6323>

先の東証一部へ鞍替えする記念配当として12円→15円に増額するなど株主還元にも積極的です。また今後の「言語インフラ」に関するデジタルサイネージ等の受注増加、普及の可能性に伴い、半導体、ウエハやガラス基板の搬送装置を手掛ける同社に注目致します。中間決算は10月11日に予定となっていますが、現状は堅調な業績となっております。


■パナソニック<6752>

外国人観光案内所のありとあらゆる分野をカバーができる企業といえば…家電最大手・世界の松下さん。特に昨年、成田空港に試験導入された翻訳機「メガホンヤク」も話題に…翻訳分野へも勢力的に裾野を伸ばしていると言えます。中間決算は10月下旬を予定。現在は通期計画に対する進捗率が19.6%と伸び悩んでおりますが、今後の「言語インフラ」における躍進を期待しております。長期目線ですね。


■ヤマハ<7951>

世界の楽器メーカー…YAMAHAさん。オフライン環境でも対応可能な外国人観光客向けの自動翻訳アプリ「おもてなしガイド」をリリースし、日本の主要空港に鉄道、バス以外にもイオンモール、サンリオ、渋谷のセンター街に至るまで実証実験を推進。中間決算は10月下旬を予定。ETF買い入れで事実上、日銀が同社の筆頭株主であり、下げた場面では買い入れ期待による思惑も高まりやすく、短期目線でも狙えます。勿論、好業績が続く同社への期待は中長期目線でも高いものと見ています。


上記以外にも「言語インフラ」にまつわる企業は枚挙に暇がありませんが、世界に比べ日本国民にバイリンガル人口比率が圧倒的に少ない以上は、やはり翻訳ビジネス関連を中心に、ロゼッタのような人工知能(AI)関連や、今話題のIoT関連へもますます密接に結びついていく事でしょう。

そしてカジノ・東京オリンピックに向けて日々研鑽されていくそれらシステム技術、開発製品などが、日本から海外へと渡り、広がっていく事を願ってやみません。


なんて、私的な講釈を書き連ねましたが以上となります。

長文、乱文ではありましたが、お読み頂きまして御礼申し上げます。

上記以外にも、ブログではあたくしなりの相場観の他、今、期待値の高い監視・注目銘柄やテーマ株についての記事を毎日・随時配信しております。

お時間がありましたら【儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」】を検索して頂ければ幸甚です。

愛猫「なつ」と共にお待ち申し上げております。

----

執筆者名:有限亭玉介
ブログ名:猫旦那のお株は天井知らず

<NO>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 年間利回り10%以上も可能 海外銘柄で配当投資を始める方法
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。