マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】今日の為替市場ポイント:米大統領選第2回TV討論会の結果を見極める展開

2016年10月10日 7:40

7日のドル・円相場は、東京市場では104円03銭から103円54銭まで下落。欧米市場でドルは一時102円86銭まで下落し、102円90銭で取引を終えた。

本日10日のドル・円は、103円前後で推移か。東京市場は休場となるため、ドル・円などの主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続く見込み。ただし、米大統領選第2回TV討論会で民主党クリントン候補が優勢と判断された場合、ドル買い・円売りがやや強まる可能性がある。

日本銀行の黒田総裁は8日、米ワシントンで講演を行った。報道によると、黒田総裁は「必要な場合は追加緩和をためらわない」と述べたが、現時点で一段の利下げが必要とは考えていないと語った。また、黒田総裁は「金融政策の軸足を量から金利に転換した新たな枠組みのもとでは、イールドカーブ・コントロールが達成されている限り、将来的に国債買い入れ額がかなり減少する可能性がある」との見解を示した。

金融政策の新たな枠組みには量的緩和策が含まれており、国債買い入れ額がただちに減少するわけではないとみられている。ただし、国債増発がなければ買い入れ額をさらに増やすことは難しくなるとみられており、追加緩和が必要となった場合、マイナス金利の深掘りが再検討される可能性は高いとみられている。

市場関係者の間では、「中央銀行でもイールドカーブ・コントロールを都合よく維持していくことは難しい」との見方が少なくない。日銀の金融政策に対する市場の信頼感が高まっているとは言い切れないが、一部の投資家からは「将来的に長期金利が乱高下し、金融市場の不確実性が大幅に高まる状況に直面する可能性は排除できない」との声も聞かれている。

<MK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。