マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【Miniトピック】トランプ米大統領誕生のリスクは低減

2016年10月11日 8:00

クリントン民主党候補とトランプ共和党候補の支持率が拮抗していた米大統領選挙だが、ここにきてトランプ候補に女性蔑視発言スキャンダルが飛び出しかなり形勢が傾いたようだ。
 今回の発言は言い訳もしにくい下劣な内容で、トランプ候補もすぐに謝罪したが、共和党の相当数の有力議員からの批判も相次ぎ、共和党内では他の候補者にすべきとの声も高まるなど、支持基盤が大きく揺らいでいる。
 報道された時期も第二回目の討論会の寸前と、トランプ候補にとって最悪のタイミングとなった。
 討論会では、トランプ候補がビル・クリントンのスキャンダルを持ち出すなどして反撃に出たため両者の非難合戦のようになったが、やはりトランプ候補の方がダメージは大きく、今回も勝者はクリントン候補が勝利したとの見方が大勢だ。
 討論会を終えての両者の支持率はまだ出ていないが、おそらく10ポイント近くの明確な差がつくのではなかろうか。
 トランプ候補が大統領になった場合には、保護主義者で日本嫌いとされるため、急激な円高・日本株安リスクが警戒されてきたが、これでひとまずトランプ大統領誕生リスクは相当低減したといえよう。
 とはいえ、ブリグジットの例もあるため、支持率の差が数ポイントにとどまるならクリントン候補が万全とはいえない。嫌われ者対決と言われるだけあって混戦(泥仕合?)は続く。あと1ヶ月弱、事態の推移から目が離せない。

<YU>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。