マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】OPECとロシアの協議で原油価格が更なる上昇か!? サンワード貿易の松永氏(三井智映子)

2016年10月11日 11:23

こんにちは、フィスコリサーチレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。

NY原油が3カ月半ぶりに50ドルを回復しましたね。その背景には原油在庫の減少やハリケーンの上陸のほかに、2008年以来となるOPECの減産暫定合意もあります。今後どうなっていくのか気になるところですよね。

松永さんによると
『トルコのイスタンブールで9日~13日に開催されるエネルギー関係の国際会議に合わせてOPEC加盟国とロシアとの協議が行われるとの見方が広がっております』とのこと。これについては、『OPEC関係者からは、「OPECの減産に対する暫定合意を踏まえた次の手段を検討する機会となる」とのコメントも伝わっております』とのことです。

またOPECの減産がどのくらい需給に関係しているのかについては、
『現在の原油の世界需給が日量140万バレルほどの供給過剰とされており、OPECが1%の減産を実施すれば、世界の原油需給が日量190万バレルほどの供給不足に転じる計算となります』。そして『OPEC加盟国とロシアとの非公式会合が開催される可能性もあり、その非公式会合で減産に対する話し合いが前進することとなれば、原油価格が更なる上昇となることも考えられます』とおっしゃっていました。

原油市場は11月のOPEC定例総会に向けて底堅い値動きが予想されます。原油価格が上昇すれば、連れ高で資源価格の上昇も継続するかもしれません。 注視してまいりましょう。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の10月7日付「原油市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 三井智映子

<FA>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。