マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 外国株】中国本土株式概況:上海総合0.6%高と4日続伸、鉄鋼株に買い続く

2016年10月11日 17:08

11日の中国本土マーケットは値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比17.11ポイント(0.56%)高の3065.25ポイントと4日続伸した。上海A株指数も上昇し、17.95ポイント(0.56%)高の3208.67ポイントで引けている。一方、外貨建てB株相場はまちまち。上海B株指数は0.94ポイント(0.26%)高の357.85ポイント、深センB株指数は3.73ポイント(0.31%)安の1188.73ポイントで終了した。

市場活性化の期待が続く。深セン証券取引所などは10日、深セン・香港マーケット間の相互取引に関し、今月17日から11月9日まで運用試験を実施すると発表した。資金流入の期待も追い風。不動産規制が相次ぐなか、投機マネーが株式にシフトするとの思惑が強まった。

業種別では、資源・素材株の上げが目立つ。なかでも鉄鋼株が買われ、武漢鋼鉄(600005/SH)が9.9%高、宝鋼(600019/SH)が7.4%高で引けている。「親会社グループの再編に伴い、宝山鋼鉄と武漢鋼鉄が年内に粗鋼の生産能力を約600万トン削減する」と報じられたことが引き続き材料視された。両社株は休場明けの10日に、そろってストップ高している。消費関連株やインフラ関連株、自動車株、ITハイテク関連株、バイオ医薬関連株、証券株、保険株などもしっかり。不動産株の一角も買い戻しが入る。不動産規制の動きを嫌気して急落していたが、ここにきて値ごろ感が着目された。

他の個別株動向では、通信キャリアの中国聯通(600050/SH)が値幅制限いっぱいまで買われる。親会社の中国聯合網絡通信集団が「混合所有制改革」に着手するとの見通しを示したことが手がかり。民間資本の導入を通じて企業改革が進むとみられた。

(亜州IR)

<MT>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。