マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】リボミック—2017年3月期は赤字を見込むが新規契約がないとの保守的な前提。

2016年10月12日 7:47

リボミック<4591>は東京大学発のバイオベンチャー。リボ核酸(RNA)を人工的に合成したRNAアプタマーを利用した新たな高分子医薬の開発を進めている。2008年1月に現在の大株主である大塚製薬と長期共同研究契約を締結。2011年2月に全薬工業と技術アドバイスに関する契約を締結したほか、2014年3月には大正製薬とも共同研究契約を締結した。前臨床試験を終えた早期の段階で製薬メーカーなどにライセンス・アウトをすることで共同研究収入とライセンス収入の獲得を図り、黒字化の定着を目指している。

2017年3月期は売上高が前期比21.4%減の0.95億円、営業利益が7.85億円の赤字(前期は5.32億円の赤字)を見込む。同社の業積を左右する創薬品目のライセンス・アウトや共同研究のステージアップ、新規契約締結の時期などが相手先主導で進められるため、業積予想は保守的な観点から新規契約による事業収益が年度内にないと想定。仮に新規契約が発生した場合、業績の上ブレにつながる可能性がある。なお、8月9日に発表した第1四半期決算は売上高が前年同期比36.4%減の0.24億円、営業利益が1.48億円の赤字(前年同期は1.07億円の赤字)で着地した。

2015年12月末に大塚製薬と共同研究している3製品が契約満了日を向かえ、2品目(RBM002、RBM003)が共同開発の継続に至らず単独開発に移行するが、1品目(RBM001)がライセンス契約に向けて新規に共同開発契約を締結。また、2016年3月に同社の開発品目のひとつ(RBM007)が国立研究開発法人・日本医療研究開発機構の創薬支援事業に採択された。これらパイプラインの今後の進捗に期待したい。

<TN>

fisco

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。