マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国:車載用電池市場は日韓勢が席巻、巻き返し狙う中国企業

2015年9月18日 14:09

日韓企業にほぼ席巻されている車載用電池市場で、中国企業が形勢逆転に向けて動き始めた。低コスト・高効率な製品開発を目指して、特にリチウムイオン電池の分野で、各社が事業増強に乗り出している。今年に入って中国上場企業12社が合計600億人民元(約1兆1220億円)のリチウムイオン電池事業向け投資計画を発表した。増産態勢を早期に整えることで、国内シェア巻き返しを図る考えという。証券日報が18日付で伝えた。
中国の動力電池メーカーは、足元で177社上る。しかし自動車向け分野でのプレゼンスは極めて低い。完成車メーカーのサプライヤーとして定着しているのは、比亜迪(BYD:1211/HK)、天津力神、国軒高科、万向潮前などごく少数に限られる。さらに、グローバル展開の完成車メーカーや、合弁完成車メーカーに絞ると、国内の電池供給企業はほぼ皆無に等しい。国内完成車メーカーのほとんどは、エコカー向けの電池を日韓製に依存している。
その理由は、価格と品質だ。北京理工大学電動車両国家工程実験室の林程・副主任によると、中国の車載用電池業界は、玉石混交状態にあり、技術レベルがまちまち。航続距離は200キロに届かず、製造コストも高止まっている。「成長至上主義」の地方政府が企業設立審査を甘くしていることも、低レベル企業の乱立を助長させたという。
さらに中国には、これら企業を存続させる土壌が育まれてきた。地方の農村都市を中心に巨大市場を形成している低速小型EVの存在だ。低速小型EVに採用される動力電池は、鉛酸電池が主力。エネルギー密度は低く、製造コストが安くすむことから、市場の参入ハードルが低い。現存の車載用電池メーカーでは、鉛酸電池の製造を主力とする企業が大部分を占めている。

【亜州IR】

<ZN>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。