マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】エニグモ Research Memo(7):通期業績予想は増額修正を予定していることを発表

2016年10月12日 16:07

■決算動向

(4) 2017年1月期の業績予想

2017年1月期の業績予想についてエニグモ<3665>は、期初予想の段階では、売上高を前期比14.2%増の3,263百万円、営業利益を同357.2%増の1,001百万円、経常利益を同361.9%増の1,001百万円、親会社株主に帰属する当期純利益を606百万円(前期は180百万円の損失)と見込んでいたが、上期実績及び事業の進捗状況を鑑み、通期予想の増額修正を予定していることを発表した。ただ、修正額や時期については一旦未定とし、合理的な算定が可能となった時点で公表することになっている。

下期も引き続き会員獲得、アクティブ率の向上、さらには上期に微減したARPUの回復(通期で横ばいを維持)を目指す方針である。ただ、前年下期はマスキャンペーンの効果が既に業績に反映されていたことから、上期での大幅な伸びに比べれば、下期の伸び率は低下する見通しである。

また、費用面では、前期のような特殊要因(広告費の大規模投入等)は想定していないもようであるが、会員獲得、アクティブ率の向上、ARPUの維持など、内部施策の効果を高めるための費用(Webマーケティング費用等)や、今後の成長に向けた先行投資をどのように配分していくのか、足元の状況や年末商戦に向けた動向等もにらみながら検討をしていく方針とみられる。

弊社では、売上高については、仮に上期と横ばいで推移したとしても、前期比33.6%増の3,818百万円は確保できることから、そこからどのくらいの上乗せができるかに注目している。一方、損益面では、これまで下期偏重の傾向(上期に広告費をかけて会員を獲得し、下期で収益化する傾向)がみられるが、今期は年間を通じて刈り取り(収益化)を図っていくものと想定される。いずれにしても政策的な費用の掛け方次第ということになるだろうが、営業利益率は少なくても修正前の予想水準(約30%)から上期実績(43.0%)レベルは確保するものとみている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

<HN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。