マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

バブルの王様 アイチ森下安道伝

アイチ・森下安道伝 戦後最大の経済事件「イトマン事件」のオールキャスト登場

2022年4月30日 19:00 週刊ポスト

“戦後最大のフィクサー”とも呼ばれた許永中(写真/共同通信社)
“戦後最大のフィクサー”とも呼ばれた許永中(写真/共同通信社)

 もっともこうした池田と亀井の関係が評判になったのは、実際のやりとりの2年ほどあとのことだ。東京・目黒の雅叙園観光ホテル株を買い占めて経営に乗り出した池田は1988年8月、忽然と姿を消す。そしてあの許永中グループが池田のあとの雅叙園観光の経営を引き継いだのである。のちに戦後最大の経済事件と呼ばれたイトマン事件を引き起こした許は、大阪地検特捜部に逮捕されたあと、取り調べ検事に次のように供述した。
 
〈私は、昭和六十三(1988)年二月ごろから、債権者仲間から推されて、雅叙園観光(ホテル)株式会社の経営に関与するようになりました〉(1991年8月8日取り調べの検察官面前調書より抜粋)

 前に書いてきたように雅叙園観光ホテルは、芸能興行師の松尾国三が戦前の中華料理店を戦後モダンなシティホテルに改め、繁盛してきた。遊園地などを運営する日本ドリーム観光の兄弟会社で、1980年代後半、ここが池田に乗っ取られたのである。
 
 その池田が姿をくらまし、許グループがその経営を引き継いだのは間違いない。半面、前述したように池田の失踪は1988年8月なので、供述通りだとすれば、許は池田の失踪より半年前に雅叙園観光ホテルの経営にかかわっていたことになる。いったい、どういうことだろうか。

 池田の失踪はその前年の1987年10月に起きた世界同時株安、ブラックマンデーにより、タクマをはじめとした仕手株が軒並み暴落したせいだとされる。池田は資金繰りのため、雅叙園観光ホテルの手形を乱発した。すると、株価はさらに下がり、ますます窮地に陥っていった。
 
 仕手筋にとってブラックマンデーによる株価の暴落はたしかに痛手であったろう。明くる1988年には、「北浜の御三家」と呼ばれた大阪の大物相場師が証券界から消えた。順を追っていえば、1月に「コスモ・リサーチ」の見学和雄が殺害され後にコンクリート詰めの遺体になって貸倉庫で発見、8月がコスモポリタンの池田の失踪、10月になると木本一馬の経営する「日本土地」が倒産し、当の木本は3年後に豊中市の自宅で自殺した。

 ただし「一人で東京に行く」と秘書に言い残して新大阪駅から新幹線に乗り込んだ池田の失踪は、株価の暴落だけが理由だとも思えない。他の仕手筋やバブル紳士たちもブラックマンデーで同じように痛手を負った。だが、むしろ多くはここからバブル景気を謳歌し、絶頂期を迎えていく。それだけに池田の失踪については、いまだ謎めいた語らい草となっている。アイチの大阪支店でコスモポリタンを担当していた森下の元秘書、大野晃は、池田の失踪について終始首を傾げてきた。
 
「池田会長の失踪情報を聞いた翌日の朝、大阪・御堂筋にあったコスモポリタン事務所に駆け付けました。すると、入り口のドアに、『新日本建設の管理物件』と張り紙がしてあって立ち入れない。驚いたことに、事務所は永中さんの側近グループが占拠していた。どこから失踪を知ったのか知らないけど、ひと足先にコスモポリタンの株やら不動産やらの資産を差押えていたのです」
 
 張り紙の「新日本建設」は許のグループ企業である。先の供述と突き合わせて考えれば、許は池田の失踪前から雅叙園観光ホテルの経営を引き継ぐ準備をしていたのであろう。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。