マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

バブルの王様 アイチ森下安道伝

アイチ・森下安道伝 戦後最大の経済事件「イトマン事件」のオールキャスト登場

2022年4月30日 19:00 週刊ポスト

森下安道氏だけはバブルを生き残った
森下安道氏だけはバブルを生き残った

 なお許の供述にある丸益産業の種子田もまた、アイチの取引相手だった。出身地の宮崎県で養豚事業を始め、金融業やゴルフ場開発で財を築いた。演歌歌手の石川さゆりのパトロンと騒がれた時期もある。ゴルフ場経営会社「アイワグループ」を率い、関東や関西で病院を経営してきた。種子田はのちに小佐野賢治がオーナーだった国民銀行の不正融資事件を引き起こす一方、森下だけでなく、許や南野とも付き合いがあった。種子田を担当していたアイチの元幹部社員が回想した。
 
「種子田会長はふだん大阪にいたから、そこへヘリで行ったことがあります。(森下)会長に『この絵を売るから、急いで持っていけ』と命じられましてね。絵のことなんてぜんぜんわかりませんし、包装されているので中身も知りません。会長に言われるがまま、大きな額の絵を抱えて向こうに持っていきました」

 絵画の売却代金は1億3000万円だったという。売却代金を受け取って会社に戻れ、という指示だったようだ。再び幹部社員がその状況を説明する。
 
「ところが、帰りはヘリを使えなかった。あの頃の会長は1億3000万円ぐらいなら、いつどうにでもなっていたので、急いでいたのは種子田会長のほうだったのでしょうね。絵を別の取引に使おうとしたのかもしれません。私は届けたあと、現金を持って新幹線で帰京しました」

 売却代金の1億円あまりはデパートにあるような手提げの紙袋で渡され、その上から新聞紙で覆い現金を隠して持ち運んだという。
 
「だから怖くて、帰りの新幹線ではトイレにも行けませんでした。で、会社に戻っても森下会長はもういないし、役員の営業部長にそれを渡し、ようやくホッと安心した覚えがあります」(同社員)

 帰京の際に新幹線を使ったのは、ヘリコプターがアイチのそれではなく、種子田のものだったからのようだ。森下は当初ブラックホークメーカーとして名高い米「シコルスキー・エアークラフト」製のヘリを使っていたが、その後イタリアの「アグスタ」製に換え、それを輸入してアイチの取引先に販売した。アグスタ製はノーマル仕様が3億2000万円で、VIP仕様で4億2000万円、許はヘリのボディに虎のマークを入れたという。それらは江東区木場のヘリポートで整備されていたため、東京に置かれていたのである。
 
 アイチの森下安道のまわりでは、池田保次の失踪と相前後し、バブル経済を象徴するような大きな事件が同時多発的に起きた。1989年8月、ワイヤーロープメーカー「東京製綱」株の仕手戦を演じた韓義孝率いるキャングループが1000億円の負債を抱えて倒産。森下が債権者委員会を取り仕切った。さらにアイチが繊維商社「立川」の筆頭株主に躍り出て、立川のメインバンクで大株主の住友銀行グループが大慌てする。住銀グループは第三者割当増資で株数を増やし、森下の持ち株比率を下げようとして揉めていった。

 これに対処したのが、住銀グループ系商社イトマンの社長だった河村良彦だ。アイチ側と直談判して事態を収拾するのだが、その裏で河村は雅叙園観光ホテルの経営にも首を突っ込んだ。そこから、ついにイトマン事件の幕が開く。
 
 事件はバブルという泡沫の夢を吹き飛ばした。しかし、バブルの王様は生き残った。

(『バブルの王様』了)

【プロフィール】
森功(もり・いさお)/ノンフィクション作家。1961年福岡県生まれ。岡山大学文学部卒。新潮社勤務などを経て2003年よりフリーに。2018年、『悪だくみ―「加計学園」の悲願を叶えた総理の欺瞞』で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。近著に『菅義偉の正体』『墜落「官邸一強支配」はなぜ崩れたのか』など。

■『バブルの王様 アイチ森下安道伝』は書き下ろしを加えて小学館から刊行予定。

※週刊ポスト2022年4月29日号


【連載「バブルの王様 アイチ森下安道伝」第一部第1回~】バブル紳士が頼った「マムシが死んだ」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。