マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】通貨間の自由競争が許される世界【岩村充が語るビットコインと仮想通貨の現在・未来(2)】「FISCO 株・企業報」より

2016年10月13日 15:28


ビットコインのマイニング(取引記録の承認作業)には、それ専用に組み上げた非常に規模の大きなハードウェアが必要となります。そしてそこで消費される電力も膨大な量となります。そのために、マイナーたちは電気代や土地代の安い国に大規模な拠点を構えるほどです。

それだけの投資に見合う報酬が、今後もマイニングに期待できるのか。マイニングを止めないために、徐々に減っていく報酬を補う仕組みが構築できるのか。ビットコインのそういった問題点を指摘する声は後を絶ちません。

そして、ビットコインのそうした問題点を解消するようなシステムをもった仮想通貨が、現在数多く出現してきていることも事実です。しかし、仮想通貨の世界でそうしたビットコインに続く仮想通貨は、まだそれほど大きな勢力となり得ていないことも、また事実です。

それはなぜかと言えば、現状ではビットコインがあればそれで足りている、いろいろ問題はあるけれど、ビットコインがまずは第一候補だと、多くの人が感じているということなのでしょう。

さらに言えば、仮想通貨に理想の存在はない、ということです。ビットコインのような通貨もあれば、それを改良したというさまざまな通貨もある。そのようにいろいろな仮想通貨が存在し、競争して、使う人にいくつもの選択肢がある、ということが、仮想通貨を語るうえでは大切なポイントなんです。

中央集権的に管理されるものでなく、使う側が自由に選んで使えること。集中や収斂を求めずに多様性があること。それが仮想通貨のあるべき姿だと私は思います。理想の仮想通貨とは? という設問は、理想の冷蔵庫とは? とか、理想のジャケットは? とかと同じで、あまり意味がありません。使う人それぞれが好きなものを選べばいいのです。

オーストリアの経済学者フリードリヒ・ハイエク(1899~1992年)が「貨幣発行自由化論」で説いたような、中央銀行は不要で通貨間の自由競争が許される世界。その中で最も健全で安定した通貨が発展していく。そんな状況が今、仮想通貨の世界で起こり始めているのです。

(岩村充/早稲田大学大学院商学研究科教授)

※本稿は実業之日本社より刊行されているムック「Jマネー FISCO 株・企業報 2016年秋冬号」の記事からの抜粋(一部修正)です。記事の全編は、現在発売中の「Jマネー FISCO 株・企業報 2016年秋冬号」をご覧ください。


<FA>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。