マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【本日の注目個別銘柄】ダイフク、 昭和電線、津田駒など

2016年10月13日 16:41

<6395> タダノ 1210 +28しっかり。直近ではみずほ証券が、外部環境は厳しいものの海外シェア上昇の継続や堅調な国内需要により底堅い業績推移を予想として目標株価1400円を継続。昨日はCLSA証券が、目標株価1480円で新規に「バイ」格付け、構造転換による収益成長力は十分に株価に織り込まれていないと判断しているもよう。

<6502> 東芝 366.5 +11.2続伸。自動車運転向けシステムに参入すると報じられている。画像認識用のシステムLSIを使って、障害物を回避する仕組みを開発したもよう。市場規模の拡大が望める分野だけに、期待感も先行しているようだ。また。クレディ・スイス証券では投資判断「アウトパフォーム」継続で、目標株価を360円から460円に引き上げ、NAND事業の利益率上昇を期待している。

<6217> 津田駒 145 -16急落で下落率トップ。前日に第3四半期の決算を発表、利食い売りのきっかけ材料につながっている。累計営業損益は4.9億円の黒字で、前年同期比8.4億円の損益改善となっているが、上半期の段階で同8億円の改善となっていた。過度な業績上振れ期待の低下にもつながっているとみられる。また、未定としていた期末配当金を無配としたこともマイナス視。

<5805> 昭和電線 76 +5賑わう。前日に都内で大規模な停電が発生、地下トンネルの高圧送電線から発火して、火災が起こったことが要因とみられている。送電線の経年劣化などが背景とみられており、今後の対策の必要性なども指摘される状況に。電力用などインフラ系に強みともされている同社などには、メリット期待などが先行する格好のようだ。中小型電線株の一角で強い動きが目立つ。

<6383> ダイフク 1765 -75売り優勢。UBS証券が投資判断を「バイ」から「ニュートラル」に格下げしており、弱材料視されているもよう。目標株価も2400円から2000円に引き下げ。UBS証券では、Eコマース比率が高いFA&DAで北米の事業統合シナジーが来期まで顕在化しないと考えること、エレキ関連の受注高は更なるアップサイドが見込みにくいことなどから、業績拡大の再加速は早くて来下期と見ている。

<7269> スズキ 3509 +77大幅反発。トヨタとの提携を前日に発表、環境や安全、情報技術の分野などで協力していく。同社にとっては、トヨタの保有する燃料電池車や自動運転技術、ガソリンエンジンの高効率化技術などにアクセスすることが可能になるほか、ASEAN地域の補完効果が期待される格好に。1月にも両社の提携に関する観測報道が伝わり、サプライズは限定的ながら、正式発表受けてあらためて評価が高まる展開に。

<5019> 出光興産 2251 -59後場入り後は下げ幅を広げる展開に。2017年4月に予定していた昭和シェル石油との合併を延期する方針を固めたと伝わっている。同社の創業家が合併に反対を続けており、合併の成否に対する不透明感も強まっていたが、厳しい業界環境の中で生き残りのためには早期の合併が必要との見方が優勢な中、一段の不透明感の強まりにネガティブな反応が強まる。

<9064> ヤマトHD 2379.5 +13.5反発。上半期営業利益は230億円前後と前年同期比3割程度増えたもようとの観測報道が伝わっている。従来予想は210億円であった。宅急便などの配送事業が好調に推移しているようだ。第1四半期の実績から上振れは想定されており、観測数値はほぼ市場想定線とみられる。ただ、通期業績の上振れ確度も高まる格好となり、売り方の買戻しなどを誘う状況にはなっているようだ。

<XH>

fisco
  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。