マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】レンジ相場継続、業績を手掛かりとした個別対応へ【クロージング】

2016年10月13日 16:27

13日の日経平均は続落。65.76円安の16774.24円(出来高概算16億5000万株)で取引を終えている。米FOMC議事録を受けて12月の利上げ観測が強まるなか、円相場は1ドル104円台と円安で推移していたこともあり、買い先行で始まった。自動車業界の再編機運の高まりも材料視されるなか、日経平均は一時16974.25円まで上げ幅を拡大させた。

しかし、ボックスレンジ上限となる17000円接近で上値の重さが意識されるなか、中国の弱い経済指標の発表が利食いに向かわせるきっかけとなると、その後はマイナス圏での推移となった。円相場も1ドル103円台での推移と円安一服で手掛けづらさもあった。

後場半ば以降は下げ渋りをみせたが、ソフトバンクグ<9984>、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>など、指数インパクトの大きい値がさ株が上値の重しとなっている。規模別指数は大型株指数のみがマイナス。セクターでは石油石炭、海運、証券、鉱業、鉄鋼が軟調。半面、非鉄金属、その他製品、繊維、サービスがしっかり。

中国の弱い経済指標をきっかけに利食いが強まった格好だが、自動車株はプラス圏をキープしたほか、「プレイステーションVR」を発売したソニー<6758>も終日プラス圏での推移となるなど、17000円近辺での上値の重さが想定内となるなかでは、底堅い相場展開だった。ただし、ここから下は日経平均の商いが膨らんでいるところであるため、踏ん張りをみせておきたいところである。

物色は決算シーズンとなるなかでは、業績を手掛かりとした個別対応。また、物色の柱は定まっていないが、VRやブロックチェーン、カジノ、自動運転などのテーマ株の循環物色に向かいそうだ。

<AK>

fisco

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。