マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】SDエンター Research Memo(6):ヒット作に恵まれ、売上高、営業利益ともに大きく伸張

2016年10月14日 16:20

■事業部門別動向

(4)施設管理事業

SDエンターテイメント<4650>の施設管理事業の今第1四半期の売上高は、前年同期比14.4%増の290百万円となった。内訳は、シネマ事業が同18.7%増の229百万円、その他が同1.0%増の61百万円となった。

シネマは「名探偵コナン純黒の悪夢」、「ズートピア」等のヒット作により入場者数が増加した。また、札幌劇場において本格的カフェの増設の結果、飲食の売上高が伸びたことも寄与した。その他では、スガイディノス室蘭の遊休スペースを賃貸したことで増収となった。

施設管理事業は、映画のヒット作の影響を受けるという側面はあるものの、比較的安定した業況が続いている。ビル管理のノウハウを事業化したファシリティマネジメント事業が軌道に乗ってくればこの事業セグメントの収益はさらに拡大すると期待されるが、顧客獲得が進んでいないもようだ。同社は今期、賃料削減交渉のために外部の専門業者を起用したが、同社自身がこうしたスキルやノウハウを習得できればファシリティマネジメント事業に大きな強みが生まれることになる。相応の時間は要するがこの分野の今後の展開に注目したい。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

<HN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。