マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】SDエンター Research Memo(4):外部コンサルタントを招き、安定的な運営を図る

2016年10月14日 16:16

■SDエンターテイメント<4650>の事業部門別動向

(2) GAME事業

a)事業の概況
GAME事業における動きとして、店舗(ディノスパーク)のスクラップ・アンド・ビルドの進捗がまず挙げられる。今第1四半期中ということでは高知・四万十川店の閉鎖(5月)があるが、2015年9月に愛知・守山店を閉鎖したほか、今年7月(第2四半期)に入ってからは香川・丸亀VASARA店も閉鎖した。他方、新規出店では函館・上磯店を2015年12月にオープンしたのに続き、2016年5月には帯広音更店をオープンした。

音更店の今第1四半期の実績は、売上高が計画対比で180%、営業利益が同500%と、非常に好調だった。周囲に競合店がなく、また若年層を引き付ける他の商業施設が乏しいなど、一言で言えば立地に恵まれたことが要因と考えられる。同社では、立地によってはGAME事業の新規店舗展開の可能性があることについて、一段と確信を深めた模様で、次の店舗展開用地を探索中だ。

各店舗の運営については、ゲーム機種による好不調の差が大きい状況が続いている。メダルゲームやクレーンゲームなどのプライズゲームは既存店売上高が前年同期比104%と好調が続いている。こうした中、同社は外部コンサルタントに依頼してクレーンゲームやメダルゲームの運営力の更なる向上を目論んでおり、合わせて設置機種や店舗内のレイアウトなどの見直しを行った。その効果は明確に出ており、全店舗に適用していく方針だ。

トピックスとしては、「艦これアーケード」の登場がある。SNSゲーム「艦隊これくしょん-艦これ-」をアーケードゲーム化したもので、久しぶりに行列ができるヒット作となっている。同社は一部店舗で早朝営業にも踏み切っているが、艦これは早朝の時間帯でも行列ができており、早朝営業の成功に貢献している。また艦これには女性ファンも多いため、女性客の取り込みにもつながっている。艦これの映画が年末シーズンに予定されていることから、ゲーム市場でも息の長いヒットが期待されている。

成長が期待されるネットキャッチャー(スマホ等を利用したオンラインのクレーンゲーム)は、足元は伸びが止まっている状況だ。現時点の月商規模は計画線だが、計画では右肩上がりの線となっているため、このまま横ばいが続けば今後は計画を下回っていくことになる。原因は明確で、新規参入の増加によるもの。

対策については、ゲーム専用景品中心の運営から、北海道企業の強みを生かした商品群強化や、オリジナル景品の開発など、独自性を高めることにより当初計画を目指す考えだ。

b)業績動向
GAME事業の今第1四半期の売上高は前年同期比1.8%減の540百万円となった。プライズゲームの好調や艦これというヒット作、あるいは音更店、上磯店の好調というポジティブ要因はあったものの、店舗閉鎖の影響や、ゲーム業界全体の低迷の影響が強く、売上高は減少基調が続いている。計画に対しても下回ったもようだ。

ゲーム市場はマクロ的には右肩下がりが続いているが、これには少子化やスマホの登場など構造的要因が影響していると考えられるため、影響をはねのけて成長するのは容易ではない。そうした中、同社は、店舗のスクラップ・アンド・ビルドを進めたほか、店舗改装やコンサルタントの活用などの施策を行ってきた。各店舗の体質は着実に強化されてきており、売上高が下げ止まれば、利益は確実についてくると弊社では考えている。

問題は売上高をどのように確保するかだが、同社は、上磯店や音更店の成功事例から、立地を重視したスクラップ・アンド・ビルドで、“稼げる店舗”の構成比を高めていく方針だ。また同時に、新規出店に際しては、見込み違いの際にはすぐに閉店を含めた方針転換が可能な形での出店を行っている。弊社はこうした同社の戦略は、総需要減少というゲーム業界にあっては、有効な施策であると評価している。

ネットキャッチャーは不動産コストを極めて低廉に抑えることができ、既存のゲーム上運営とは収益モデルがまったくことなるため、GAME事業における成長戦略として期待されている。しかしながら今期は前述のような競合環境の変化があるため、過度な期待はできない状況にある。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

<HN>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 年間利回り10%以上も可能 海外銘柄で配当投資を始める方法
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。