マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】個別銘柄戦略:高島屋や寿スピリッツなどに注目

2022年5月6日 9:06

5日の米株式市場でNYダウは1063.09ドル安の32997.97、ナスダック総合指数は647.16pt安の12317.69、シカゴ日経225先物は3連休前の5月2日大阪日中比75円安の26735円。
為替は1ドル=130.00-10円。東京市場が連休中に開催された連邦公開市場委員会(FOMC)後の米株市場は乱高下の末に大きく下落。ナスダックやSOX指数が5%も下落していることで、東エレク<8035>、ソフトバンクG<9984>、ソニーG<6758>、リクルートHD<6098>、村田製<6981>、エムスリー<2413>などの主力株ハイテク・グロース株に加え、ラクス<3923>、Sansan<4443>、マネーフォワード<3994>などの中小型グロース株も厳しい売りに見舞われそうだ。昨晩の米国市場では景気敏感株も総じて売られており、コマツ<6301>、クボタ<6326>、信越化学<4063>、三菱UFJ<8306>なども軟調となろう。一方、原油先物相場の上昇を背景にINPEX<1605>や石油資源開発<1662>などは堅調に推移することが見込まれる。また、4月の既存店売上高で回復基調が確認された高島屋<8233>、H2Oリテイル<8242>、Jフロント<3086>などの小売関連のほか、業績予想を上方修正した寿スピリッツ<2222>にも物色が向かいそうだ。

<FA>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。