マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】今週の【日経平均】10月11~14日『最後はファストリとソフトバンクグが活躍』

2016年10月16日 15:05



【反発、原油高を受けて1ヶ月ぶりに17000円台回復】11日(火)

■概況■17024.76、+164.67
11日(火)の日経平均は反発。日本が連休中だった10日の米国市場で、原油高が好感されてNYダウが3日ぶりに反発した流れを受けて、日経平均は76円高からスタートした。寄り付き後も上げ幅を拡大し、取引時間中としては9月9日以来約1ヶ月ぶりに17000円台を回復した。前場に一時17074.46円(前週末比214.37円高)まで上昇する場面があったが、その後は強弱感が対立したほか、為替相場が1ドル=104円近辺で円安一服となったこともあり、おおむね17000円台でのもみ合いとなった。大引けの日経平均は前週末比164.67円高の17024.76円となった。東証1部の売買高は16億6516万株、売買代金は1兆8711億円だった。業種別では、鉱業、石油・石炭製品、海運業が上昇率上位だった。一方、空運業、その他金融業、鉄鋼が下落率上位だった。


◆注目銘柄◆
自己株式の消却を発表したソフトバンクグ<9984>が3%超上昇し、ファナック<6954>とともに指数の押し上げ役となった。村田製<6981>、日本電産<6594>、日本郵船<9101>、国際帝石<1605>も3%前後上昇した。その他売買代金上位ではソニー<6758>、ファーストリテ<9983>が堅調で、トヨタ自<7203>は小高い。また、マグネシウム電池関連の藤倉ゴ<5121>や決算が好感されたトーセ<4728>はストップ高比例配分となり、東証1部上昇率上位に並んだ。一方、がん免疫薬「オプジーボ」の臨床試験結果を受けて小野薬<4528>が11%安と急落した。売買代金上位では任天堂<7974>、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、みずほ<8411>も軟調で、7&iHD<3382>や日産自<7201>は2%超下落した。また、小野薬やタカタ<7312>、ライフコーポ<8194>などが東証1部下落率上位となった。


------------------------------------------


【反落、米株安を受けて利益確定売り優勢】12日(水)

■概況■16840.00、-184.76
12日(水)の日経平均は反落。11日の米国市場では、非鉄金属大手アルコアの市場予想を下回る決算や資源価格の下落を受けて、NYダウは大幅反落した。日経平均は前日に節目の17000円を回復していたこともあり、米株安を受けて利益確定売りが先行し174円安でスタートした。前場は下げ幅を縮小する展開となり、一時16951.54円(前日比73.22円安)まで値を戻す場面があった。ただ、後場に入ると16900円を挟んだもみ合いとなり、引けにかけて弱含み本日の安値圏で取引を終えた。大引けの日経平均は前日比184.76円安の16840.00円となった。東証1部の売買高は17億1562万株、売買代金は1兆8761億円だった。業種別では、鉄鋼が3%超下落したほか、銀行業、海運業、保険業が下落率上位だった。一方、上昇したのは水産・農林業のみだった。


◆注目銘柄◆
自己株式の消却を発表して前日買われたソフトバンクグ<9984>だが、本日は3%安と反落して指数の押し下げ役となった。三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、みずほ<8411>といったメガバンク株はそろって2%超下落した。その他売買代金上位も任天堂<7974>、トヨタ自<7203>、JT<2914>など全般さえない。TDK<6762>やJFE<5411>は5%安と下げが目立った。また、決算発表で材料出尽くし感から売られたローツェ<6323>や、巴川紙<3878>、さが美<8201>などが東証1部下落率上位となった。一方、ロボット生産増強を発表したファナック<6954>や、小野薬<4528>、東芝<6502>は逆行高となった。また、日本金属<5491>や藤倉ゴ<5121>など前日から物色が続いたマグネシウム電池関連の一角や、好決算が評価された三栄建築<3228>が東証1部上昇率上位に顔を出した。


------------------------------------------


【続落、円安受け買い先行も17000円を前に失速】13日(木)

■概況■16774.24、-65.76
13日(木)の日経平均は続落。12日の米国株式市場は高安まちまちだったが、9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録を受けた米利上げ観測を背景に円安・ドル高が進み、日経平均は83円高でスタートした。寄り付き後は16974.25円(前日比134.25円高)まで上昇する場面があったが、節目の17000円を前に上値の重さが意識され、中国貿易収支の弱い結果も伝わって前引けにかけてマイナスへと転じた。後場はおおむね16700円台後半でのもみ合いとなった。大引けの日経平均は前日比65.76円安の16774.24円となった。東証1部の売買高は16億5951万株、売買代金は1兆8906億円だった。業種別では、石油・石炭製品、海運業、証券が下落率上位だった。一方、非鉄金属、その他製品、繊維製品が上昇率上位だった。


◆注目銘柄◆
ソフトバンクグ<9984>、三菱UFJ<8306>、7&iHD<3382>、ファナック<6954>、三井住友<8316>などがさえない。このところ強い値動きの続いていたファナックは8日ぶりに反落した。本日決算発表を控えたファーストリテ<9983>も軟調で指数の押し下げ役となった。また、津田駒<6217>、日本金属<5491>、ローツェ<6323>などが東証1部下落率上位となった。一方、提携を発表したトヨタ自<7203>やスズキ<7269>、本日「PlayStation VR」を発売したソニー<6758>、その他任天堂<7974>や日産自<7201>などがしっかり。自動運転車向けシステムに参入すると報じられた東芝<6502>は3%高。また、塩水港精糖<2112>、パラベッド<7817>、アドソル<3837>などが東証1部上昇率上位となった。


------------------------------------------


【3日ぶり反発、日銀ETF買い入れへの思惑や円安を材料視】14日(金)

■概況■16856.37、+82.13
14日(金)の日経平均は3日ぶり反発。中国経済の先行き不透明感を嫌気した欧米市場の下落のほか、オプションSQに絡む売買が売り越しだった影響もあり、続落で始まった。しかし、中国については前日の貿易統計後の下げで織り込んでいるほか、SQ通過による需給改善等もあり、その後切り返しをみせている。インデックスに絡んだ買いが断続的に入っており、後場に入ると値上がり、値下がり数が逆転。規模別指数についても大型主導のなか、中型、小型株についても上昇に転じている。TOPIXは前引け段階でマイナスだったほか、金融セクターの切り返しから、日銀によるETF買い入れへの思惑も高まっていた。円相場が1ドル104円台と再び円安に振れていたことも安心感につながった。大引けの日経平均は前日比82.13円高の16856.37円となった。東証1部の売買高は16億2616万株、売買代金は1兆9660億円だった。業種別では鉱業、石油石炭、情報通信、保険、その他金融、証券が堅調。一方、医薬品、繊維、倉庫運輸、食料品、水産農林が下落率上位だった。


◆注目銘柄◆
ソフトバンクグ<9984>、ファーストリテ<9983>が日経平均をけん引するとともに、売買代金でも上位に位置している。また、外資系証券による格下げが嫌気された任天堂<7974>だが、午後に入り切り返しをみせている。ソニー<6758>は利食いに上値を抑えられていたが、連日で年初来高値を更新している。


------------------------------------------


<WA>

fisco
  • Amazonギフト券3万円分があたる? 「マネーポストWEB」twitterキャンペーン実施中!
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。