マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】トレードワークス—1Qは売上高が10.09億円、計画どおりに進捗

2022年5月9日 15:21

トレードワークス<3997>は6日、2022年12月期第1四半期(22年1月-3月)連結決算を発表した。売上高が10.09億円、営業利益が2.39億円、経常利益が2.42億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が1.41億円となった。当第1四半期より四半期連結財務諸表を作成しているため、対前年四半期増減率については記載していない。また、「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を当第1四半期の期首から適用しており、2022年12月期第1四半期に係る各数値は、当該会計基準等を適用した後の数値となっている。

金融ソリューション事業の売上高は9.47億円となった。IT投資ニーズへの的確な対応に加え、前期末の受注残が売上に寄与した。

FXシステム事業の売上高は0.45億円となった。当事業の主力商品である「TRAdING STUDIO」は、顧客ニーズに合わせた新たなソリューションサービスの提供、また、開発遅延となっていたFX為替市場分析システムである「シグナルマップ」のサービス提供を行った。

セキュリティ診断事業の売上高は0.16億円となった。新規顧客数社への手動WEBアプリケーション診断の受注及びサービス提供を行った。

2022年12月期通期については、あじょを連結子会社とする連結決算へ移行したことから、同日、連結業績予想を発表した。売上高が32.00億円、営業利益が3.00億円、経常利益が3.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が1.90億円としている。なお、当第1四半期より連結財務諸表を作成しているため、対前年増減率については公表していない。

<ST>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。