マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は大幅反落、ファーストリテと東エレクの2銘柄で約174円押し下げ

2022年5月9日 16:24

9日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり21銘柄、値下がり201銘柄、変わらず3銘柄となった。

先週末6日の米株式市場でNYダウは続落。4月雇用統計の結果を受けて、連邦準備制度理事会(FRB)の金融引き締めへの警戒感が一段と強まった。米10年債利回りが2018年11月以来の高水準を記録するなか、ナスダック総合指数は大幅続落。こうした流れを引き継いで日経平均は298.24円安からスタート。中国経済の減速懸念も根強く、ハイテク株のほか景気敏感株も広く売られ、前場の下げ幅は660円を超えた。後場はじり安基調が続き、終盤にかけて前場安値を更新、この日の安値圏で取引を終えた。

大引けの日経平均は前日比684.22円安の26319.34円となった。東証プライムの売買高は12億6342万株、売買代金は2兆9545億円だった。セクターでは鉄鋼、空運、サービスなどが下落率上位に並んだ一方、電気・ガス、海運、石油・石炭製品の3業種が上昇となった。東証プライムの値下がり銘柄は全体の87%、対して値上がり銘柄は11%となった。

値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位は東エレク<8035>となり、2銘柄で日経平均を約174円押し下げた。ファーストリテは、先週末に4月の月次動向を発表。既存店売上高は前年同月比15.8%増、9カ月ぶりのプラスに転換。ただ、同業との相対比較では依然としてネガティブな状況が継続。全体地合いの悪化も逆風に。また、日経平均構成銘柄の下落率トップは日本製鋼所<5631>で18.79%安、同2位はコナミHD<9766>で7.31%安だった。日本製鋼所は、子会社が生産した鉄鋼部材で検査不正があったとの発表が嫌気された。

一方、値上がり寄与トップはKDDI<9433>、同2位は川崎船<9107>となり、2銘柄で日経平均を約4円押し上げた。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップは川崎船で7.82%高、同2位は東京瓦斯<9531>で2.62%高だった。川崎船は、前引け後に22年3月期決算及び23年3月期見通しを発表。加えて、配当予想を300円から600円に増額したことも追い風に。

*15:00現在

日経平均株価  26319.34(-684.22)

値上がり銘柄数  21(寄与度+8.91)
値下がり銘柄数 201(寄与度-693.13)
変わらず銘柄数  3

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄       直近価格   前日比 寄与度
<9433> KDDI       4318      12  +2.53
<9107> 川崎船         7720     560  +1.97
<6770> アルプスアル     1357      34  +1.19
<6988> 日東電         8980      20  +0.70
<9531> 東瓦斯         2507      64  +0.45
<8766> 東京海上       7009      16  +0.28
<9104> 商船三井       3300      25  +0.26
<4902> コニカミノルタ    486       7  +0.25
<5019> 出光興産       3615      15  +0.21
<3099> 三越伊勢丹      1010       6  +0.21
<9532> 大瓦斯         2403      29  +0.20
<5020> ENEOS         477.4     5.30  +0.19
<5232> 住友大阪       3535      40  +0.14
<9503> 関西電力       1252      28  +0.10
<9434> ソフトバンク     1508     2.5  +0.09
<7751> キヤノン       3047       1  +0.05
<8725> MS&AD      3935       4  +0.04
<7261> マツダ         967       3  +0.02
<6703> OKI         862       3  +0.01
<8630> SOMPO         5315       1  +0.01

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄       直近価格   前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ   57480    -3840 -134.95
<8035> 東エレク       54210    -1120 -39.36
<9984> ソフトバンクG   4989     -181 -38.17
<6098> リクルートHD   4471     -201 -21.19
<6367> ダイキン工     19125     -600 -21.09
<9766> コナミHD      7610     -600 -21.09
<6954> ファナック     19080     -570 -20.03
<4519> 中外薬         3696     -148 -15.60
<4543> テルモ         3761     -105 -14.76
<2413> エムスリー      3887     -170 -14.34
<4568> 第一三共       3283     -132 -13.92
<6645> オムロン       7215     -367 -12.90
<7733> オリンパス     2246.5    -80.5 -11.32
<6758> ソニーG       10840     -270  -9.49
<2801> キッコマン      7060     -270  -9.49
<4063> 信越化        18015     -260  -9.14
<6762> TDK         4040     -80  -8.43
<7832> バンナムHD     8534     -237  -8.33
<2802> 味の素         3098     -233  -8.19
<3382> 7&iHD      5762     -231  -8.12

<FA>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。