マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【後場の寄り付き概況】後場の日経平均は323円安でスタート、レーザーテックやエムスリーが下落

2022年5月10日 12:56

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;25995.36;-323.98TOPIX;1855.77;-22.62

[後場寄り付き概況]
 後場の日経平均は前日比323.98円安の25995.36円と、前引け(26074.53円)から下げ幅をやや広げてスタート。ランチタイム中の225先物は26000円~26080円のレンジで横ばい。ドル・円は1ドル=130.20-30円と朝方から20銭ほど円高・ドル安水準に傾いている。アジア市況はまちまちで、上海総合指数は朝安後にプラスに転換してきている一方、香港ハンセン指数は3%近い下落率で大幅安。前日に続き、米金融引き締め懸念や中国経済の減速懸念が投資家心理の重しになっている。9日の米株市場の急落もあり、日経平均は3ケタの下落幅で推移しており、後場は再び26000円を割ってきている。円安進行の一服感や景気後退懸念により、ハイテク株だけでなく、これまで下支え役だった景気敏感株まで広く売りに押されていることが全体の下押し圧力となっている。一方、前引けにかけて26000円を回復するなど売り一巡感も台頭してきており、同水準を維持しようとする動きも見られる。

 セクターでは鉱業、海運、空運などが下落率上位に並んでいる一方、電気・ガス、金属製品、パルプ・紙の3業種のみが上昇となっている。東証プライム市場の売買代金上位では、レーザーテック<6920>、ソフトバンクG<9984>、エムスリー<2413>、ソニーG<6758>、OLC<4661>、NTTデータ<9613>などのハイテク・グロース株のほか、INPEX
<1605>や住友鉱<5713>、丸紅<8002>などの資源関連株も軒並み下落。JAL<9201>、エアトリ<6191>などは国内大型連休明けの新型コロナ感染再拡大への警戒感から大幅に下落。一方、NTT<9432>やKDDI<9433>などディフェンシブ銘柄の一角が堅調。

<CS>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。