マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】NY株式:NYダウ84ドル安、CPI発表控え神経質な展開

2022年5月11日 7:00

米国株式市場はまちまち。ダウ平均は84.96ドル安の32160.74ドル、ナスダックは114.42ポイント高の11737.67で取引を終了した。金利の上昇が一段落し、投資家心理が改善し寄り付き後、上昇。しかし、世界経済が景気後退入りするとの懸念が根強く、売りが再開し、下落に転じた。インフレの重要指標となる消費者物価指数(CPI)の発表を控えて警戒感も強く、終日神経質な展開が続いた。金利の低下で、ハイテクは買戻しが優勢となり、ナスダック総合指数は上昇。セクター別では半導体・同製造業装置、テクノロジー・ハード・機器が上昇した一方で、銀行が下落した。

医薬品のバイオヘブン・ファーマ(BHVN)は製薬会社のファイザー(PFE)が同社と買収で合意したことを発表し、大幅高となった。ファイザーも上昇。電気自動車メーカーのテスラ(TSLA)は、短文投稿サイトのツィッター(TWTR)買収を発表したマスク最高経営責任者(CEO)がFTとのインタビューで、テスラに残留する意向を確認したことが好感され、上昇。中古車販売のプラットフォームを提供するVroom(VRM)は四半期決算で損失が予想程拡大せず、さらに、最高執行責任者(COO)のShortt氏が最高経営責任者(CEO)に就任すると発表し、大きく買われた。一方で、在宅フィットネス事業を展開するペロトン・インタラクティブ(PTON)は決算で純損失が予想を大きく上回りさらに、業績見通し下方修正が嫌気され、下落。また、AI融資のフィンテック、アップスタート(UPST)は通年の見通しを下方修正し、利上げにより融資需要が減ると警告したため、大幅安となった。計画より早く、日中決算が発表されたフィンテックのソーファイ・テクノロジーズ(SOFI)は、損失が予想ほど悪化しなかったが、見通しが予想を下回り、下落。ゲーミングプラットフォームのロブロックス(RBLX)は取引終了後に決算を発表。内容が

予想を下回り時間外取引で下落している。暗号資産取引所コインベース(COIN)も四半期決算で赤字を計上し、時間外取引で下落している。

Horiko Capital Management LLC

<FA>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。