マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】早稲田アカデミー—22年3月期は2ケタ増収・最終利益は倍増、中期経営計画の業績目標の上方修正を発表

2022年5月12日 18:17

早稲田アカデミー<4718>は11日、2022年3月期連結決算を発表した。売上高が前期比 12.2%増の285.51億円、営業利益が同71.2%増の18.21億円、経常利益が同70.9%増の18.41億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同109.4%増の11.08億円となった。

当連結会計年度における期中平均(4月~3月平均)塾生数は、小学部24,937人(前期比15.5%増)、中学部16,268人(同9.9%増)、高校部2,423人(同6.2%減)、合計で43,628人(前期比12.0%増)となった。各学部とも、小学1~3年、中学1年、高校1年といった低学年層が大きく伸長して、中長期的な収益拡大と合格実績伸長に繋がる良好な学年構成となった。

2023年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比8.6%増の310.00億円、営業利益が同18.0%増の21.49億円、経常利益が同18.2%増の21.76億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同17.6%増の13.03億円を見込んでいる。

また、同日、2022年3月期業績が好調に推移し、2024年3月期の利益目標を上回る結果となったことから、中期経営計画の業績目標を再度見直し、修正することを発表した。この結果、2023年3月期の売上高は310.0億円(修正前は283.4億円)、営業利益は21.5億円(同14.0億円)、経常利益は21.8億円(同14.3億円)、2024年3月期の売上高は331.7億円(修正前は290.8億円)、営業利益は25.5億円(同16.8億円)、経常利益は25.5億円(同17.1億円)としている。

<ST>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。