マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】サイバネットシステム—AI搭載の大腸内視鏡画像診断支援プログラムが改正薬機法の新制度承認を取得

2022年5月13日 9:13

サイバネットシステム<4312>は12日、昭和大学横浜市北部病院及び名古屋大学大学院の教授らのグループと共同開発したAIを搭載した大腸内視鏡画像診断支援プログラム「EndoBRAIN-EYE(R)」について、改正薬機法の新制度「医療機器の特性に応じた変更計画の事前確認制度(IDATEN制度)」の承認を取得したことを発表した。

EndoBRAIN-EYE(R)は、名古屋大学大学院がAIエンジンを開発、同社により実装開発された医療機器ソフトウェアである。多くの大腸内視鏡と組み合わせることが可能で、大腸内視鏡による撮影画像をAIが解析し、医師によるポリープ検出、病変発見をサポートする。2020年6月に、AIを搭載した内視鏡画像診断支援機器として薬機法に基づく承認を取得し、製品としての販売が可能となっていた。今般、EndoBRAIN-EYE(R)の性能変更計画が、改正薬機法のIDATEN制度の承認を取得したことにより、医療機器の性能変更届を提出するだけで改良後の製品販売が可能となった。
同社は、今後も、内視鏡医と患者のために、更なる性能向上を図りつつ、迅速な製品提供を目指すとしている。

<ST>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。