マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ザイマックス Research Memo(4):2022年8月期、2023年2月期は、保守的な前提で予想

2022年5月13日 15:24

■今後の見通し

●2022年8月期、2023年2月期の業績予想
ザイマックス・リート投資法人<3488>では、2022年8月期の業績について、営業収益1,825百万円(前期比13.3%増)、営業利益1,086百万円(同14.7%増)、経常利益966百万円(同10.9%増)、当期純利益965百万円(同10.9%増)と、増収増益を予想する。新規取得の4物件(前期取得のバロー勝川店(商業施設)、当期取得のザイマックス札幌大通ビル(オフィス)、ザイマックス木場公園ビル(オフィス)、エルプレイス西葛西(住宅))の効果から、増収増益を見込むためだ。また、前期と同様に、ルネッサンス21千早の売却益の残りの50%分を計上するため、不動産等売却益の落ち込みはない。一方、2023年2月期は、営業収益1,597百万円(同12.5%減)、営業利益880百万円(同18.9%減)と、減収減益を予想する。前期まで計上したルネッサンス21千早の売却益の剥落に伴う反動減が主因である。

以上の業績予想に基づき、2022年3月1日実施の公募に伴う投資口数の増加に伴い、2022年8月期の分配金は3,867円/口(前期比29円減)、2023年2月期も3,091円/口(同776円減)を予想する。ただ、弊社では、同投資法人の期初の業績予想は、従来と同様に保守的な前提に立っていると見ている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 国重 希)

<SI>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。