マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】新晃工業—22年3月期は増収、日本及びアジアともに販売戦略が奏功

2022年5月13日 19:00

新晃工業<6458>は12日、2022年3月期連結決算を発表した。売上高が前期比7.1%増の419.64億円、営業利益が同13.0%減の57.12億円、経常利益が同13.6%減の60.48億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同18.4%減の40.97億円となった。

日本の売上高は前期比5.5%増の357.87億円、セグメント利益(営業利益)は同15.4%減の55.87億円となった。国内外の建設投資の回復が見られるなか、物量の確保を目指す販売活動を行った結果、売上高は増収となった。利益面は、空調工事を中心とした戦略受注の効果は見られたものの、原材料や物流コスト高騰の影響から、セグメント利益(営業利益)は減益となった。
アジアの売上高は前期比17.3%増の62.04億円、セグメント利益(営業利益)は0.78億円(前期は0.89億円の損失)となった。中国では、新型コロナウイルス感染症再拡大の影響により、一部地域で経済活動が抑制されているが、景気は持ち直しの動きが見られる。数年来進めてきた採算性重視の販売戦略と原価管理の強化に加え円安の影響もあった。

2023年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比2.5%増の430億円、営業利益が同0.7%増の57.5億円、経常利益が同0.8%増の61億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同2.0%増の41.8億円を見込んでいる。

<ST>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。