マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】アバント Research Memo(3):圧倒的な導入実績と高い投資効率、多彩なソリューション提案力

2016年10月17日 16:18

■アバント<3836>の会社概要

(2)「DivaSystem」の強み

「DivaSystem」の強みをまとめると、その圧倒的な導入実績と高い投資効率、多彩なソリューション提案力にあると考えられる。

a)連結会計ソフト(制度連結、管理連結)での圧倒的実績
連結パッケージソフトとしての実績は国内トップで、1997年の販売開始以降、累計導入社数は900社を超えている。なかでも東京証券取引所1部上場企業の時価総額上位100社のうち、50社が同社のシステムを利用するなど、大企業で高シェアを持っていることが特長となっている。単一システムにより制度連結と管理連結を統合し一元的な処理を可能としているほか、米国会計基準(SEC)や国際会計基準(IFRS)など複数の会計基準に対応するなど、連結会計に関わる多様なニーズに対応できる機能面での高さが評価されている。また、「操作性」や「拡張性」にも優れているほか、導入後のトータル的な「サポート力」も含めて顧客からは高い評価を得ており、継続率の高さにつながっている。なお、最新の「DivaSystem10」では初めてクラウドサービスにも対応している。

b)パッケージの優位性
19年を超える開発実績と顧客ノウハウが凝縮されたパッケージ・ソフトウェアとなっているため、ゼロから新規開発した製品と比較した場合の投資対効果は極めて高い。

c)業務専門性
公認会計士などのスペシャリストのほか、経営管理や計数感覚に長けた人財を豊富に抱えており、また、グループ企業や外部パートナー企業との連携を図りながら多様なニーズに対応できるソリューションサービスの提供を可能としている。

競合製品との機能面での大きな差異はなくなってきてはいるものの、今までに築き上げてきた高い実績と信用力、並びに開発からコンサルティング、サポート、アウトソーシング・サービスまでワンストップソリューションでサービスを提供できる強みが同社にはあり、今後も国内トップの地位を維持し続けるものとみられる。

(3)事業概要

同社の事業はソフトウェアの開発・販売を主としており、事業形態別にライセンス販売、コンサルティング・サービス、サポート・情報検索サービスの3つの部門に分けて売上高の開示を行っている。2016年6月期の売上高構成比で見ると、コンサルティング・サービスが58.9%と過半を占め、次いでサポート・情報検索サービス33.3%、ライセンス販売7.8%の順となっている。

ライセンス販売には、自社開発した連結会計システム「DivaSystem」や管理会計システムとなる「DivaSystem SMD」、グループ子会社の個別会計の仕分けレベルまでのデータ統合を実現する統合会計システム「DivaSystem GEXSUS」、開示財務情報の検索・閲覧・比較分析ツールとなる「DivaSystem dSearch」といった「DivaSystem」シリーズのほか、他社製品のライセンス販売なども含まれている。売上規模は小さいもののライセンス販売したものが、コンサルティング・サービスやサポート・情報検索サービスの受注につながるため、業績を見るうえでは先行的な指標とみることができる。

コンサルティング・サービスでは、ライセンス販売したパッケージ・ソフトウェアをより効率的に顧客が活用していくための導入支援サービスのほか、パッケージ・ソフトウェアだけでは実現できない個別のニーズに対して、顧客に合わせたシステム開発サービスも提供している。また、経営情報の活用を推進するコンサルティング・サービスも含まれる。コンサルティング・サービスも含めた1件当たりの受注額に関しては、顧客企業の規模やニーズによって数百万円から数億円の水準となり、既存顧客においても追加で新たな機能モジュールを発注するケースが多い。

サポート・情報検索サービスでは、導入したシステムの利用方法や業務上発生した課題に関する保守・サポートを行っているほか、教育・研修サービスなども行っている。また、2011年よりスタートした顧客企業の決算関連業務に関するアウトソーシング・サービスも同部門に含まれている。情報検索サービスは、子会社のインターネットディスクロージャーで展開している事業で、企業の開示情報や会計関連法定・諸規則などの情報検索を行う際に用いる高速検索エンジンである「開示Net」や「eRules」等をユーザーに提供している。主力ユーザーは監査法人となり、会計士の業務用としてデファクトスタンダードとなっている。対象市場が監査法人向けにほぼ限定されるため、成長ポテンシャルは期待できないものの、売上高は2億円台と安定して推移しており、収益性の高いサービスとなっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<HN>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 年間利回り10%以上も可能 海外銘柄で配当投資を始める方法
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。