マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】個別銘柄戦略:三菱商事や神戸物産などに注目

2022年6月14日 9:09

週明け13日の米株式市場ではNYダウが876.05ドル安の30516.74、ナスダック総合指数が530.80pt安の10809.23、シカゴ日経225先物が大阪日中比465円安の26375円。インフレ高進・連邦準備制度理事会(FRB)による利上げペース加速を警戒する動きが止まず、前日の米株式市場はハイテク株を中心に急落。東京市場でもアドバンテスト<6857>、村田製<6981>、ソフトバンクG<9984>、リクルートHD<6098>、エムスリー<2413>などの主力ハイテク・グロース株に売りが広がろう。前日に既に急落しているがSHIFT<3697>、ラクス<3923>、マネーフォワード<3994>などの中小型グロース株も続落となるだろう。一方、景気後退懸念を金利上昇による利ザヤ・運用収益の拡大で一部相殺できる三菱UFJ<8306>、第一生命HD<8750>などの金融株は相対的に底堅く推移しよう。また、資源価格の高止まりが支援要因になるINPEX<1605>、三菱商事<8058>、双日<2768>
なども相対的には堅調さが見込まれる。ほか、堅調な業績進捗が確認された神戸物産<
3038>、新型電気自動車(EV)「サクラ」の受注の好調が伝わっている日産自<7201>、デジタル事業で5000億円のM&Aなどの成長投資枠を設けたと発表した日立製<6501>などが注目されそうだ。

<FA>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。