マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【コラム【EMW】】【中国の視点】17年の中国成長目標の下限、6%が妥当か

2016年10月20日 8:51

中国の国家統計局は19日、7-9月期の国内総生産(GDP)成長率が6.7%となり、前期から横ばいになったと発表した。これは世界同時不況が発生した後となる2009年1-3月期(プラス6.4%)以来の低水準となった。

専門家は、2017年の中国の成長目標について、下限が6%まで引き下げることが妥当だとの見方を示した。不動産取引件数の急増やインフラ投資の加速が今年下期の成長を支えると指摘。ただ、この勢いはいつまでも持続することが不可能だと警告した。

中国政府は最近、過熱する不動産市場を抑えるため、一連の引き締め策を相次いで発表している。これらの引き締め策がもたらす悪影響は来年4-6月に徐々に現れるほか、インフラ投資の拡大を通じて景気を押し上げる効果も徐々に薄れていくと強調された。これに加え、米連邦準備制度理事会(FRB)が今年12月に追加利上げに踏み切った場合、世界経済の先行き不透明感が一段と強まる恐れがあるため、これら要素が来年4-6月期の中国経済を疲弊させる恐れがあると指摘された。

専門家は、来年になると中国政府が再び不動産市場を刺激し、成長率を維持させることはもはやできなくなると強調。政府は成長目標を下方修正することで、安定成長の維持に向けた構造改革に集中すべきだと提言した。

<ZN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。