マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【後場の寄り付き概況】後場の日経平均は202円安でスタート、大阪チタやダブル・スコープが下落

2022年6月15日 13:04

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;26427.59;-202.27TOPIX;1864.56;-13.89

[後場寄り付き概況]
 後場の日経平均は前日比202.27円安の26427.59円と、前引け(26435.01円)から下げ幅を広げてスタート。ランチタイム中の225先物は26360円~26420円のレンジで弱含みの展開。ドル・円は1ドル=135.00-10円と午前9時頃と比べて10銭ほど円高・ドル安水準。アジア市況では上海総合指数と香港ハンセン指数が揃って大きく上昇している。午前に発表された中国の5月小売売上高と鉱工業生産が揃って予想を上回ったこともあり、アジア市況の大幅高が投資家心理を下支えする一方、時間外取引のナスダック100先物が上げ幅を縮めている。日本時間の明朝には米連邦公開市場委員会(FOMC)
の結果公表と米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の記者会見を控えていることで模様眺めムードが強く、後場の日経平均は前引け水準から弱含む動きとなっている。

 セクターでは鉱業、石油・石炭、精密機器が下落率上位となっている一方、パルプ・紙、証券・商品先物取引、銀行が上昇率上位となっている。東証プライム市場の売買代金上位では大阪チタ<5726>、ダブル・スコープ<6619>、INPEX<1605>、三井ハイテック<6966>が急落。レーザーテック<6920>、東エレク<8035>、任天堂<7974>、キーエンス<6861>、リクルートHD<6098>、三菱重<7011>、三菱商事<8058>なども大きく下落。一方、ソフトバンクG<9984>、川崎汽船<9107>、郵船<9101>、ファーストリテ<9983>、三菱UFJ<8306>、日本郵政<6178>が堅調推移。

<CS>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。