マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】個別銘柄戦略:武田薬品やサッポロHDなどに注目

2022年6月17日 9:05

16日の米株式市場でNYダウは741.46ドル安の29927.07、ナスダック総合指数は453.06pt安の10646.10、シカゴ日経先物は大阪日中比830円安の25600円。為替は1ドル=132.60-70円。スイス中央銀行の予想外の利上げを受けて、世界的な金融引き締めが改めて警戒材料となるなか、前日の欧米市場ではリスク回避の動き一色。ハイテク・グロース株を中心に全面安となっており、東エレク<8035>、ソフトバンクG<9984>、リクルートHD<6098>、エムスリー<2413>などのほか、SHIFT<3697>、ラクス<3923>、Sansan<4443>などの中小型グロース株を筆頭に売りが先行しよう。また、景気後退懸念も根強く、信越化学<4063>、クボタ<6326>、AGC<5201>、日本製鉄<5401>なども下落しよう。
円高進行や生産計画の引き下げが伝わっているトヨタ自<7203>を中心にデンソー<6902>など輸送用機器も冴えない展開を強いられるだろう。一方、武田薬品<4502>や第一三共<4568>、味の素<2802>、ヤクルト本社<2267>などのディフェンシブ系は相対的に堅調に推移しよう。また、値上げが伝わっているサッポロHD<2501>、Jオイル<2613>なども好感されそうだ。

<FA>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。