マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】この春、大型資金調達に成功した最新の注目NFT関連プロジェクトを紹介

2022年6月17日 11:28

以下は、フィスコ・マーケットレポーターのタマラ・ソイキナ(ツイッター @crypto_russia)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----
※2022年6月17日に執筆

最近日本の仮想通貨(暗号資産)取引所で新しく海外のブロックチェーンプロジェクトが上場する事例が増えてきました。日本ではあまり知られていなくても、世界的に大きなコミュニティを持ち、将来性のある野心的なプロジェクトは多くあります。
今回は、2022年春に大型資金調達を成功させ、注目を集めている最新のNFT関連プロジェクトをご紹介したいと思います。

- LootRush
NFTの本格的な普及に向け、開発者やパブリッシャーが直面している3つの大きな問題があります。セットアップが技術的に難しい、費用がかさむ、プレイ開始までに何時間もかかる等です。
LootRushは、時間的な障壁を取り除く、最初のプラットフォームで、ゲームをシンプルかつ迅速にプレイできるようにします。彼らは、ゲームやNFTを、最初は簡単に、自然に、安価に試すことができるべきだという考えを持っており、ゲーマーがNFTを所有できるようにし、NFTオーナーが素晴らしいプレイヤーを見つけるのを容易にします。
LootRushでは、ゲームを選び、ゲームの好みに合わせて厳選されたアセットの中からプレイするNFTを選択し、プレイを開始します。LootRushは、100倍の低価格でNFTを使用したゲームで遊べるようにし、より柔軟で豊富なNFTのポートフォリオを提供することで、プレイヤーに楽しさを提供します。数時間かかっていたゲームプレイを数分に短縮します。
LootRushは5月に、Web3およびクリプト領域に特化したベンチャーキャピタルであるParadigmが主導し、a16z(Andreessen Horowitz)が参加した1,200万ドルのシードラウンドを完了しました。

- Pine Protocol
Pine Protocolは、パーミッションレスのNFTに裏打ちされたクリプトローンプロトコルです。Pine PlatformがPine Protocolの上に構築されており、NFTを担保にしたパーミッションレスで即時の暗号資産の貸し借りを可能にします。Pine Platformは、より良いユーザーエクスペリエンスを提供するために特徴的な機能を備えています。例えばPine NowやPay Later機能により、誰でもオープンなNFTマーケットプレイスでNFTを抵当権付きで購入でき、柔軟な融資条件の提供を可能にします。またNFTオーナーは、NFTを担保に入れた場合でも、エアドロップの受け取りやオーナー限定チャンネルへのアクセスなど、NFTのユーティリティを維持することができるようになります。
2022年4月末の正式版ローンチ以来、Pine Platformでは約200万ドル(約360億円)の取引が生まれました。NFTオーナーは現在、Bored Ape Yacht Club、Azuki、CloneX、Moonbird、Doodleなど、30の人気NFTコレクションでクリプトローンを利用することができます。
Pine Protocolは5月にシードファイナンスで150万ドルを調達しており、Sino Global Capital、Amber Group、Spartan Groupが主導し、Alameda Research、Gate Ventures、Impossible Finance、Shima Capitalが参加しています。Pine Protocolは現在、OpenSeaとLooksRareに対応しており、今後さらにマーケットプレイスが追加される予定だそうです。

- Dank Bank
Dank Bankは、ミームとバイラルビデオ専用のNFT取引プラットフォームです。Dank Bankはミームエコノミーの中心地になるポテンシャルを秘めており、トレーダーは世界最大のミームNFTやバイラルビデオのコレクションを収集し、取引することができるようになります。クリエイターにとってはNFTを通じたコンテンツの収益化が容易になり、コミュニティにとってはお気に入りのインターネットアイコンをより容易に拡散させることができるようになります。
例えばオリジナルのDoge coinのミームは、何とこれまでに4,500万ドルの時価総額を生み出し、一時期、これまでに作成された中で最も価値のあるNFTでした。Dank Bankは、他の伝説的なミームやバイラルビデオの作成者が彼らのプラットフォームに参加するのを手伝っており、実際にDank Bankに掲載されたNFTのいくつかは、すでに数十万ドルで取引されているようです。
共同創設者のPrezThomasは「最も価値のあるコレクションは、常に最も文化的に重要なものであり、インターネット上でミームほど文化的に重要なものはない」と話しています。Dank Bankは4月にMechanism CapitalがSamsung NEXTや元Coinbase CTOのBalaji Srinivasanなどの投資家と共同で行った4.2万ドルのプレシード資金調達を完了しています。またDank Bankは現在Ethereum上に構築されていますが、間もなくPolygonも追加される計画だそうです。

<TY>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。