マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】エレマテック Research Memo(4):2022年3月期の営業利益は前期比52.8%増

2022年6月17日 15:14

■業績の動向

● 2022年3月期決算の概要
(1) 損益状況
エレマテック<2715>の2022年3月期の業績は、売上高200,646百万円(前年同期比11.3%増※)、営業利益8,346百万円(同52.8%増)、経常利益7,867百万円(同51.9%増)、親会社株主に帰属する当期純利益5,374百万円(同46.6%増)となった。前年上期が最も新型コロナウイルス感染症拡大(以下、コロナ禍)の影響を受けた時期であったこともあり、前期比での増益率が高くなっているが、その前の期(2020年3月期)と比較しても営業利益は大幅増となっている。この結果、営業利益、経常利益及び当期純利益は過去最高を更新した。マーケット別では、3分野すべてで増収となったが、特に生産回復によるAutomotiveとアフターマーケット向けを中心としたBroad Marketの伸び率が高かった。

売上総利益率は前期比1.0pt増と改善したが、会計基準の変更を除いても改善している。主に自動車向けやゲーム機向け等などの高採算品の比率が高まったことによる。この結果、売上総利益額は同23.6%増となり、販管費はコロナ禍からの回復もあり同10.4%増となったが売上総利益率の伸びを下回ったことから、営業利益は大幅増となった。

また同社は輸出型の商社であることから、業績は為替レートの影響(円高マイナス、円安プラス)を受ける。同社によれば、1円の変動で売上高は約1,200百万円、経常利益は50百万円の影響を受けるという。2022年3月期の対ドル平均レートは、112.39円(前期106.10円)であったことから、経常利益ベースで約300百万円のプラス効果があったようだ。

コロナ禍については、「2022年3月期はほとんど影響がなかった」と同社は述べている。また、世界的な半導体不足についても、今のところ同社への直接的な影響は少ないようだが、間接的に一部の顧客では同社が供給する部品・部材以外の半導体等が手当できずに生産が滞り、同社商品への発注が遅延したケースもあったようだ。ただ、全体として大きな影響は今のところ出ていないようだ。

※会計基準の変更による影響が10,467百万円減となっており、この影響がなかったと仮定すると増収率は17.1%増となっていた。

マーケット別では、3分野すべてで増収
(2) マーケット別状況
Digital Electronicsは85,961百万円(前期比5,477百万増、同6.8%増※)となったが、主にゲーム機向けが好調であった液晶、タッチパネル、バックライトが3,777百万円増、電気・電子部品、半導体が2,678百万円増であった。

Automotiveは自動車生産の回復に加えて新規採用品(EV関連部材等)が増加したことから28,103百万円(同3,618百万円増、同14.8%増※)となった。

さらにBroad Marketは、86,581百万円(同11,331百万円増、同15.1%増※)となったが、主にドライブレコーダーの新型(通信タイプ)が立ち上がったことなどからアフターマーケット向けが同4,279百万円増、新規顧客獲得や超音波診断装置向けが好調であった医療機器用が2,067百万円増となった。

※会計基準の変更による影響がなかったと仮定すると、増収率は、Digital Electronics 13.7%増、Automotive 15.2%増、Broad Market 21.4%増となっていた。

(3) 地域別状況
地域別売上高(決算短信ベース)は、日本が109,115百万円(前期比5.3%増)、中国が50,253百万円(同36.6%増)、その他アジアが32,136百万円(同2.2%増)、欧米が9,141百万円(同9.5%増)となった。日本が増収となったのは、主に自動車向けの回復に加え、医療機器向けが好調であったことによる。中国は、電気・電子部品関連に加えてTOY・ホビー向けが比較的好調であったことから大幅な増収となった。欧米では、主に欧州での自動車向けが回復したことなどから増収となった。

セグメント利益は、日本が4,060百万円(同64.4%増)、中国が2,034百万円(同42.8%増)、その他アジアが1,534百万円(同79.6%増)、欧米が140百万円(同46.4%減)となった。日本、中国、その他アジアは増収に伴い増益となった。欧米は製品構成の変化により減益となったが、金額が小さいことから全体への影響は小さかった。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

<ST>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。