マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【マザーズ市況】マザーズ指数は4日ぶり反落、大型株に物色向かい売り優勢、メディアやJストリームはストップ高

2016年10月20日 16:44

 本日のマザーズ市場では、日経平均が終値としては約4ヶ月半ぶりに17200円台を回復するなか、マザーズ指数は逆行安となった。朝方こそ買いが先行したものの、マザーズ指数が直近の戻り高値水準に接近したほか、任天堂<7974>などの主力大型株に物色が向かったこともあり、次第に利益確定売りに押される展開となった。なお、マザーズ指数は4日ぶり反落、売買代金は概算で893.21億円。騰落数は、値上がり100銘柄、値下がり120銘柄、変わらず6銘柄となった。
 個別では、メタップス<6172>、SOSEI<4565>、モバファク<3912>、チェンジ
<3962>、サイバーダイン<7779>などが下落。足元で活況のメタップスは前日終値を挟んだもみ合いとなった。また、本日より信用規制が実施されたブランジスタ<6176>は急反落し、マザーズ下落率トップとなった。一方、ストライク<6196>、ミクシィ<2121>、ロゼッタ<6182>、DMP<3652>、Gunosy<6047>などが上昇。米社とHolographic Virtual Reality(HVR)で提携すると発表したメディア<3815>がストップ高比例配分となり、ネット動画配信を手掛け人気化しているJストリーム<4308>は連日のストップ高となった。また、業績計画が報じられたグローバルG<6189>や、エクストリーム
<6033>、ALBERT<3906>、Fブラザーズ<3454>は10%超の大幅高で本日の取引を終えた。

<HK>

fisco

FX・株に挑戦したい人必見! 初心者向き記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。