マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】NY株式:米国株式市場はまちまち、ハイテク株に買い戻し

2022年6月18日 9:35

ダウ平均は38.29ドル安の29,888.78ドル、ナスダックは152.25ポイント高の10,798.35で取引を終了した。

連日の急落を受けた下げ過ぎ感から買い戻しが先行し、寄り付き後上昇。ただ、金利が再び上昇したことや原油価格の下落が警戒され重しとなった。また、連休を控えた調整や株価指数先物、オプション、個別株オプションの3つのデリバティブ取引の決済が重なるトリプルウィッチングを巡るテクニカルな取引を背景に終日上下に振れ、NYダウは小幅安で終了。一方でハイテク株に買い戻しが見られ相場を支えた。セクター別では、自動車・自動車部品やメディア・娯楽が上昇した一方、エネルギーが下落。

バイオのシージェン(SGEN)は、製薬会社のメルク(MERK)が同社買収を検討しているとのウォール・ストリート・ジャーナル紙の報道を受けて期待感から買われた。同業のモデルナ(MRNA)や製薬会社のファイザー(PFE)は食品医薬品局(FDA)が両社製新型コロナワクチンの生後6カ月以上の子供に対する緊急使用を認可したため上昇。動画配信のロク(ROKU)はディスカウント小売のウォルマート(WMT)との提携が好感されて上昇した。また、配車サービスのウーバーテクノロジー(UBER)やリフト(LYFT)、クレジットカード会社のアメリカン・エキスプレス(AXP)やキャピタルワン(COF)はアナリストの投資判断引上げでそれぞれ上昇。一方で、高級住宅建設会社のトールブラザーズ(TOL)や衣料小売のアーバンアウトフィッターズ(URBN)は、アナリストの投資判断引き下げで下落。石油化学メーカーのエクソンモービル(XOM)は原油価格の下落に連れ安した。

カンザスシティー地区連銀のジョージ総裁は、当局のバランスシート縮小と組み合わされれば0.75ptの利上げが先行きに不確実性を生むと考え、連邦公開市場委員会(FOMC)の決定に反対票を投じたと説明した。

(Horiko Capital Management LLC)

<YN>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。