マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ウェーブロックHD Research Memo(5):原材料価格高騰の影響により、既存事業ベースで増収・営業減益に

2022年6月20日 15:05

■業績動向

1. 2022年3月期の業績概要
ウェーブロックホールディングス<7940>の2022年3月期の連結業績は、売上高で前年同期比28.2%減の21,002百万円、営業利益で同56.4%減の649百万円、経常利益で同36.8%減の903百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同72.6%減の655百万円となった。2021年3月期末にインテリア事業をサンゲツに譲渡したことによる。なお、既存事業の2021年3月期参考値との比較で見ると、売上高で4.1%増、営業利益で8.4%減、経常利益で5.2%減、親会社株主に帰属する当期純利益で5.3%増となった。

既存事業ベースの営業利益増減要因を見ると、アドバンストテクノロジー事業が金属調加飾フィルムや高透明二層シートの増収等により267百万円の増益となった一方で、マテリアルソリューション事業が原材料価格高騰の影響等により292百万円の減益となり、全体で59百万円の減益となった。また、会社計画比では売上高で3.0%上回った一方で、営業利益は13.4%下回った。売上高はマテリアルソリューション事業、アドバンストテクノロジー事業とも計画をやや上回ったものの、営業利益は原材料価格高騰の影響を強く受けたマテリアルソリューション事業が計画比120百万円下回ったことが未達要因となった。なお、原材料価格の指標となるナフサ価格の平均価格(2021年1月-12月)は、前期実績の32,800円/kl、期初想定の35,000円/klに対して50,200円/klまで上昇した。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<YM>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。