マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】個別銘柄戦略:三井不動産やモスフードなどに注目

2022年6月21日 9:07

週明け17日の米株式市場は奴隷解放記念日(ジューンティーンス)の祝日で休場。一方、欧州株式市場ではイギリスFTSE100やドイツDAXなどが上昇し全般堅調。為替は1ドル=135.10-20円。昨日の欧州株市場で主要国の指数が上昇し、日経225先物も夜間取引で昨日の清算値と比べ210円上昇している。これを好感し、今日は三菱重<7011>や信越化<4063>など、昨日大きく下げた銘柄に買い戻しが先行しそうだ。日本経済新聞1面に設備投資の回復が報じられており、ファナック<6954>やオークマ<6103>などの工作機械関連株、東エレク<8035>やアドバンテスト<6857>などの半導体製造装置関連などにも買い戻しが先行しそうだ。ほか、不動産投資の伸びが伝えられており、インフレヘッジ需要も相まって三井不動産<8801>など不動産株への物色も想定される。さらに、航空旅客が順調に回復していることが伝えられていることからJAL<9201>やANAHD<
9202>などの航空関連銘柄も引き続き物色されそうだ。個別では、業績予想の上方修正を発表した象印マホービン<7965>や、値上げを発表したモスフード<8153>などに注目。一方、銅価格が下落しており、三井金<5706>やDOWA<5714>など非鉄金属株には逆風となりそうだ。子会社ダイハツが7日間の工場停止を発表したトヨタ自<7203>なども買い手控えが想定される。原材料高騰の業績への悪影響が伝えられた日清粉G<2002>や東洋水産<2875>も買いが見送られそうだ。

<FA>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。