マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】20日の米国市場ダイジェスト:ダウは40ドル安、大統領選討論会やECBは反応薄

2016年10月21日 7:35

■NY株式:ダウは40ドル安、大統領選討論会やECBは反応薄

NYダウ       ナスダック
終値 :18162.35  終値 :5241.83
前日比:-40.27    前日比:-4.58
始値 :18161.87  始値 :5238.20
高値 :18249.05  高値 :5252.10
安値 :18129.07  安値 :5216.05

20日の米国株式相場は下落。ダウ平均は40.27ドル安の18162.35、ナスダックは4.58ポイント安の5241.83で取引を終了した。昨日、大統領両候補による3回目のテレビ討論会が実施されたものの、ヒラリー氏優勢との見方に大きな変化はなく、また欧州中銀(ECB)の政策金利据え置きも予想通りであったことから、株式相場も前日終値を挟んで終日もみ合う展開となった。10月フィラデルフィア連銀景況指数や9月中古住宅販売件数が予想を上回ったものの、主要企業決算の内容がまちまちとなったことが上値を抑えた。セクター別では、食品・生活必需品小売や半導体・半導体製造装置が上昇する一方で電気通信サービスや運輸が下落した。

クレジットカードのアメリカン・エキスプレス(AXP)は、好決算を発表して上昇。一方でオークションサイトのイーベイ(EBAY)や、通信大手のベライゾン(VZ)は冴えない決算を発表して軟調推移となった。電気自動車のテスラ(TSLA)は、今後製造する全車種に将来の完全自動運転の実現に必要となるカメラやセンサーを搭載することを明らかにしたが、コスト増や製造遅延への懸念などで下落。

マーケット終了後にソフトウェアのマイクロソフト(MSFT)が発表した決算は、調整後一株利益及び売上高とも事前予想を上回り、時間外取引で上昇して推移している。

Horiko Capital Management LLC

■NY為替:ECBの量的緩和策を巡る思惑でユーロは乱高下

20日のニューヨーク外為市場でドル・円は、103円55銭から104円11銭へ上昇し、103円96銭で引けた。予想を上回った米国の10月フィラデルフィア連銀製造業景況指数や9月中古住宅販売件数を好感したドル買いが優勢となった。また、欧州中央銀行(ECB)が金融緩和を維持する方針を示したことでリスク選好の円売りにも拍車がかかった。

ユーロ・ドルは、1.1039ドルへ急伸後、1.0916ドルへ反落し1.0929ドルで引けた。会見でドラギ総裁が「今回の会合でQE延長を協議しなかった」と言及し、ユーロ買いが加速、その後、「縮小も協議しなかった」と伝えたことでユーロ売りが再燃した。

ユーロ・円は、114円52銭へ上昇後、113円37銭まで反落した。ポンド・ドルは、1.2210ドルへ下落後、1.2275ドルへ反発。予想を下回った英小売でポンド売りが優勢となったが、ユーロ・ポンド絡みのポンド買いで反発。ドル・スイスは、0.9843フランへ下落後、0.9933フランへ上昇した。

■NY原油:反落で50.43ドル、ロシア増産発言を嫌気

NY原油は反落(NYMEX原油11月限終値:50.43↓1.17)。高値は22時36分の50.88ドル、安値は3時25分の50.25ドル。ロシア最大の石油会社が「同国は増産が可能」との認識を示したことから、石油輸出国機構(OPEC)総会での減産合意に対する懐疑的な見方が浮上。また、ナイジェリアが原油価格を引き下げたことも影響し、売り優勢となった。加えて、為替市場で、ドルが主要通貨に対して強い動きを示したことも売り材料視された。

日足チャートでは、年初来高値圏でのもみ合いとなっている。1年3ヶ月ぶりの高値更新を受けて、一部市場関係者は「OPEC総会までじり高の展開が続く」と指摘している。

■主要米国企業の終値

銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)

バンクオブアメリカ(BAC)  16.56ドル +0.090ドル(+0.55%)
モルガン・スタンレー(MS) 32.90ドル -0.045ドル(-0.14%)
ゴールドマン・サックス(GS)174.51ドル -0.060ドル(-0.03%)
インテル(INTC)      35.43ドル -0.080ドル(-0.23%)
アップル(AAPL)      117.06ドル -0.060ドル(-0.05%)
アルファベット(GOOG)   821.63ドル -5.460ドル(-0.66%)
フェイスブック(FB)    130.00ドル -0.110ドル(-0.08%)
キャタピラー(CAT)     86.63ドル -0.600ドル(-0.69%)
アルコア(AA)       26.69ドル -0.350ドル(-1.29%)
ウォルマート(WMT)     68.73ドル -0.160ドル(-0.23%)
スプリント(S)       6.72ドル -0.160ドル(-2.33%)

<FA>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。