マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】スパークス・グループ—「未来創生3号ファンド」エッジAIプロセッサ開発のArchiTek社への投資実行

2022年6月21日 12:34

スパークス・グループ<8739>は20日、2021年10月に設立された「未来創生3号ファンド」が、ArchiTek社への投資を実行したことを発表。

ArchiTek社は、元Panasonicのエンジニアであった高田氏が2011年に設立し、アーキテクチャやアルゴリズムの開発およびそれらをFPGA/LSI/ソフトウェアへ実装する研究開発ベンチャー。
今回の調達資金を活用し、独自に考案したアーキテクチャ「aIPE」により、エッジデバイス側でのAI処理と画像・音声処理をワンチップで実現するエッジAIプロセッサ「AiOnIc(R)」の量産開発を進める計画としている。低コスト・低消費電力・ハイパフォーマンス・柔軟性の4つの条件を同時に、ワンチップで実現することで、安全、安心な社会、より便利な社会への貢献を目指す。

「未来創生3号ファンド」は、未来創生2号ファンドの5分野に加え、「カーボンニュートラル」を投資対象としている。2022年5月末時点の運用資産残高は、1号、2号および3号をあわせて、1,501億円となっている。

<ST>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。